胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 免許更新は難しい 高齢者は、免許返上するか毎年再受験をするべきでは? どちらにしても線引きがいる。

<<   作成日時 : 2018/01/09 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


女子高生2人はねられ重体=85歳運転の車に―前橋



1/9(火) 9:56配信

時事通信



 9日午前8時20分ごろ、前橋市北代田町で、自転車に乗っていた女子高校生2人が乗用車にはねられた。

群馬県警によると、2人は搬送時、意識不明の重体で、乗用車を運転していた同市の男性(85)も負傷した。県警は事故の詳しい状況を調べている。

現場は片側1車線の県道。県警前橋署によると、男性の車は対向車線にはみ出し、斜め向かいの民家の塀に衝突した後、自転車で通行していた女子高生2人を巻き込んだという。

2人は市立前橋高校の生徒。同校によると、3年生と1年生で、9日は始業式だった。 




昨年、

吉祥寺の繁華街のデパートを出たところで、

7人が負傷する事故を起こした 85歳の元弁護士さんも、

認知症テストでは異常がなく、

免許証を更新して運転を続けていた。



簡単なテストでは、わからないのだろうし、

歳を取れば、誰しも反射神経が鈍くなり、

咄嗟の判断力にも衰えが起こり、

運転技術や身体能力も消えてゆく。



その日は、突然に来るもの。

ある日突然、昨日まで出来たことが

出来なくなったりしていることに、

本人は気づかないもの。



その日が、事故の当日であり、

そのために、運転を誤り、

若い命を奪ったり、傷つけたりしたら、

死んでも死にきれない思いがするだろう。



自他のため、馴れで運転するのはやめて、

返上を考えるべきだろうし、

交通手段のない地方の人には酷かもしれないが、

もしもどうしても運転したいというなら、

最初に受けたと同様の試験を課すか、

半年に一度くらいの 定期的な専門医による

検査を必須条件とするくらい 厳しい条件を

クリアすべきではないだろうか。

自身が走る凶器となって、社会に迷惑をかけ、

後悔することにならないように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
免許更新は難しい 高齢者は、免許返上するか毎年再受験をするべきでは? どちらにしても線引きがいる。 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる