胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプさんや安倍さんは、平和を壊すのが好きね わざわざ戦争望むかのよう

<<   作成日時 : 2017/12/07 16:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3



自分の都合や、自分の支持者だけ想定して、
世界のことも、支持者以外の国民のことも考えていない。
自分の支持者に受けのいい政策だけ選んで、
その他の国民や、他国に住む人のことなど
考えていない。
何年も、何十年もかかって築き上げた努力の成果を
こともなげに踏み潰して平気な顔をしている。
幼稚な独裁者。

無知が世界を支配するとき、
世界には暴風が吹き荒れ、
人々は意味もなく殺される。

良心が後退し、ただ支配欲だけが膨らむ。
彼らの支配から逃れるすべはないのだろうか。
刻一刻と、戦争への危険が迫るとき、
選択肢は残されているのだろうか。

彼らの支配を選ぶか、
私たちが彼らの支配にノーを突きつけるか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな時代になってしまったのに、テレビは相変わらず、白鳳vs貴乃花です。
虚しさを通り越しています。
eblo
2017/12/08 09:52
毎日、飲めや歌えやの宴会のようなものなのでしょうね。
戦争が始まったら、提灯行列をしていたような人たち。
万歳して出征させたような隣組。
100年経っても、同じ下敷き。同じ人たちが下支えしている。

とっても、都合のいい国民なんでしょうね。
支配者にとって。
国民は、こうあるべき。見本のような国民かも。
政府に盾つかず、何でも言いなりに、言われた通り受け取って、
最後には、憎っくき敵が攻めて来るとさえ言えば、
一億火の玉、喜んで命まで差し出す。
「鬼畜米英」の代わりに、何て言うのかは知らないけど。

2017/12/08 12:38
それを、すべて美談にするところが嫌。
何かしら美談に仕立て上げて、感涙しただの、何だの。
そんなもので、戦場に連れて行き、連れて行かれる、それが嫌。

籠池さんじゃないけど「ほんとのこと言え〜」
それ以前に、見抜けよ、ではあるんだけどね。
国民自身、狡い騙し文句を待っているのかしらね。
責任を丸投げするために。
それで行こう、って。
愛国団体になって、戦争を肯定する理由にする。

殺されても文句も言わない。 戦死だろうと、空襲で死のうと、
飢え死にしようと、 家を焼かれても、何を失っても、戦争だから仕方がない。
原爆を落とされても、昭和天皇自身、「広島市民には気の毒ではあるが、
やむをえないことと私は思っています」と答える。

そうやって、我慢を強いるには、 とっても都合のいい国民。

2017/12/08 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランプさんや安倍さんは、平和を壊すのが好きね わざわざ戦争望むかのよう 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる