胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS いつの間にか最前線に立たされて トランプの兵隊、紙の兵隊。

<<   作成日時 : 2017/11/04 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


「武士の国」なんだそうだ。
だから、戦争に行け、戦争になったら真っ先に飛び出して行く国になれって?
 
国民が、安倍さんに頼っている間に、
いつのまにか、素裸で真正面に立たされて、
矢玉、砲玉、受ける立場に。
 
アメリカは遠い安全地帯に。
日本は、直ぐ傍に。
 
徳川家康が、まだ松平を名乗り、人質だった頃、
彼の部隊は、いつでも最前線に立たされていた。
本隊の前に立たされて、一番危険な任務を負わされていた。
属国の兵は、危険な前線に立たされる。
 
「武士の国」の戦う兵隊が、
戦争をすると、国民が言ったとでも?
誰かが約束しましたか?
 
「日本が動く」と、
安倍さんが言う可能性は高いですね。
何だって言いなりである以上に、
寧ろけしかけている日本国の「最高責任者」「三軍の長」。
この上に、「緊急事態条項」が加わったら、
もう終わりですね。
 
 
この国を安倍さんに任せておくと、
大変なことになる。




  トランプ氏、対北で「武士の国」日本が動く可能性を中国に警告

13時間前

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、中国に対し、北朝鮮の脅威が対処されなければ
「武士の国」である日本が自ら事に当たる可能性もあると警告した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつの間にか最前線に立たされて トランプの兵隊、紙の兵隊。  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる