胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東芝の失敗に懲りず日立が しかも全額補償付き?

<<   作成日時 : 2017/09/05 15:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

>「英原発融資を、全額補償」

馬鹿なことを言わないでもらいたい。
原爆を落とされ、
福島の事故の後始末もついてない国の国民の税金で?

ミサイルに積まれる核の恐怖を煽りながら、
核の生産にいそしもうという。

唯一の核被爆国の役割を放棄し、
核兵器禁止条約にも署名せず、

北朝鮮のミサイルの恐怖を煽り、
その核実験に反対し、
Jアラートを鳴らし、避難訓練までしながら、

一方で、核を生産し続けるイギリスに
全額保証条件で原発輸出する。

武器輸出、原発輸出を推進しながら、
しかも、政府が、全額補償を約束までしながら、
無理無理のように強行する原発推進、核拡大。

途中挫折撤退となったら、全額が日本の国民負担となる。
また、建設には成功しても、
事故が起きれば、英国は、その被害の全額補償も求めるに違いない。
日本政府が、国内の被害に対するように無責任であろうとしても、
英国民がそれを許すとは思えない。

また、白人系外国には腰の低い日本政府も、
国民には説明責任も果たさず、それを契約し、
補償もするだろう。

で、いったい、どこにそんなお金があるんだろう。
そんなお金があるなら、
社会保険料を上げる必要などないよね。



それが政府の成長戦略だから協力せよと。
政府は、国内名門企業を全滅させるつもり?
もしかしたら、それが安倍政権に与えられた
隠れた指令乃至使命なのかしら。


損失を引き受けるのを、政府が何とも思わないのは、
国民に税を押し付けて解決できると、
安易に考えているに他ならないが、
そんな打出の小槌も金の成る木も日本には無く、
間違った政策の後始末に、
日本政府が垂れ流す無駄なお金や、対策費。
国民が、そのため、高い税金に耐えられるのも、
いつまでかも解らない。



核の増産にいそしみながら、
核の恐怖を言うのは矛盾しているよ。

「北朝鮮のミサイル」が恐怖であるなら、
核廃絶に背くような、原発輸出や
武器輸出をやめるべきであって、

そうではないというなら、
ミサイルが積んで来る核も恐ろしくないと
いうことになるのでは。


儲ける(つもりの)核増産はいいが、
核に襲われ被害を受けるのは真っ平御免と言っても、
それはなかなか無理な理屈で。

我々が作るのは核ではない。
と誤魔化してみても駄目だよ。
プルトニウムを積み上げれば、
結果的に同じだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東芝の失敗に懲りず日立が しかも全額補償付き? 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる