余りに人でなしの自分に呆れてブログを書く気もしない 


というわけで、
このところあまりブログも書いていない。

世の中が大変だというのに、
私と来たら、自分の事しか考えていない。

食べることと、お風呂に入ることと、
音楽を聴くこと、中国の宮廷ドラマを視ること。
他には、ほぼ何も無い。

お風呂の檜化に熱心で、
椅子、湯桶、片手桶など、
檜の製品をあれがいいかこれがいいかと
見比べては註文するのが楽しい。
素のもあれば漆もあって、
なかなかに風情がある。

カッコーンと桶が簀の子に鳴る音を、
温泉か銭湯のように楽しみたい。

全国の温泉地の湯の花も取り寄せて、
温泉気分を満喫している。
ただ硫黄泉とかの成分は風呂を傷めるので、
カットしている。

コロナの巣籠り生活が長引いたお蔭で、
家にいる時間が長くなり、
必然的に、家居生活を楽しむしかなくなり、
幸か不幸か調子の悪くなった冷蔵庫も、
長期籠城生活にも耐えるよう、
観音開きスタイルの大家族用に換えたので、
毎日、スーパーに買い物に行っていた頃に比べて、
全てが究極ののんびりでよくなり、
心身ともに、ますます弛緩して来た。

もともと享楽型人間だったが、
さらに輪をかけて、享楽気質が増して来る。
もう矢でも鉄砲でも持って来いと、
何か月閉じ込められても楽しめるように備え、
頭の中身まで、そのようになってしまった。

このままではコロナ太りすると始めた散歩が
逆効果で、歩いているのに太る。
2キロを超え、このまま行けば、
3キロも太ってしまいそうだ。

この心身の弛緩。
良い意味での緊張
に遠い日々。
それでいて何気にストレスを感じてもいる日々。
どげんかこげんかせなならん。
というところだが、妙案が無い。

歩く量が少なく、
食べる量が多すぎるのだろう。
しかし、何たって、在宅時間が長すぎるのだ。
家に居れば、それは何か作りたくなり、
作れば食べたくなり、嫌でも太ってしまうわけで。

こうして古代も、
民族は滅亡して行ったのだろう。
遊惰な生活に溺れて、
為すべきこともせず、
流れるままに流されて。
気が付けば、滝壺の上。
いい湯だな、と川湯に入り、
そこがどこかも忘れてしまう。

エンニオ・モリコーネさんが亡くなった。
2004年、来日公演があり、映画好きで、
ニュー・シネマ・パラダイスのファンだった息子が
チケットを取ってくれて
有楽町の東京国際フォーラムへ行ったのが、
もう16年も前だとは。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)