どこまでも安倍内閣の鈍感さ 危機に際しても国会を閉じ

火事になっているのに、
消防署が閉じられていて、
消防車も、祭りの山車のように、
車庫に仕舞われているようなもの。


テレビの解説者は、
政権も、相当の危機感を持っていますよ、
と言うけれど、どう見てもそうは見えない。
危機感が足りないから、
消火しなければならない時に、
薪に火をつけようというような
キャンペーンをやるのだ。


馬鹿馬鹿しいほど愚かな政府が存在していて、
国民の生活も生命も炎上させようとしている。

子を虐待する親にも似て、
国民を虐待する政府が存在している。


風雲急を告げていても、
安倍総理は、どこで寛いでいるのか。
指揮を取る気力も失せたのか。
そろそろ首を挿げ替えよとする動きが
出て来ても不思議ではない。

安倍さんと麻生さん。
祖父が総理大臣であったというだけの、
ツインの木偶の坊。

彼らの一族に、
一世紀近くも乗っ取られていることはないだろうに。

彼らだけではない。
世襲議員を国会から追い出して、
国民の血税の意味を知る人たちに、
国会議員になってほしいものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)