日本人がどんな人種かは、この間の30万円が10万円になった時に見えたと思う

あの時、明らかに、他人に30万円より、
自分に10万円を選んだのだ。

それは、総意というものであった。
表向きの理由は、支給の速さであったが、
そんなものは嘘であり、お体裁であって、
本音は、困窮している他人に30万円ではなく、
別に困っているわけではなく、
コロナで生活が苦しくなったわけでもないが、
自分が10万円欲しい。というのが、
全国民の意志であり、
選択であったということだ。
でなければ不満が残ると。
その不満こそは、本音であって、
政治家たちも、その不満こそが本音であるゆえに怖く、
国民の本音に沿う形の解決を図るしかなかった。

政治家たちの背中を押した国民の意志。
政治イデオロギーのどんなことにも反応しないが、
お金のことだけは、
鮮やかに反応し露出する国民の意志。

本音は言いたがらない国民だから、
表向きに認める人はいないが、
そうでなくて、
あの時の変更は、ありえなかっただろう。

あまりにもその国民の本音が強く見えたから、
それを無視することが怖くなるほどの国民の意志を感じたから、
政治家も動き、踏み切ったのであって、
政治家を脅かすほど国民の意志が見える時は、
他の理由ではありえない。

やっぱり、どんなに綺麗事を言っても、
他人の生活を、
本気で心配する人など、
ほとんど存在しないということだ。


自分は、コロナで経済的影響を受けないから
寄付すると表明していた人たちも、
そのうちどれだけの人が実行するかは、
定かではない。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い