この際に普及させるべしとマイナンバーカード作成も条件づけられればと望む政府。


まことに一石二鳥のタイミング。

番号だけは知らせてあるものの、
なかなか普及の進まないマイナンバーカード。
一律10万円配るというこの時期を逃せば、
いつ、これだけの好機が巡って来るかわからない。
国民の固い警戒を解き、
その懐の奥まで、侵入するチャンス到来。

ここで警戒網を解除できなければ、
他は、ゆるゆるのくせに、
この国の国民は、
思想、信条、自由などはどうでもよく、
なぜなら、最初から、お上と一体のものだから。
守るべき個人の精神の自由も尊厳も、
問題にもしていないから。

単純に、銀行口座を掌握されることだけを
恐れている。
庶民の警戒心は、単純なだけに頑固で、
政府も手を焼いて来た経過がある。

自分の懐を探られ、全財産から何から何まで、
政府に掌握され、隠し財産がばれるのを恐れている国民。

一般的には、思想管理や情報漏洩と言った、
本来警戒するべきことには、
比較的に無頓着で、ただただお金のことを
知られたくないと思っている国民の多く。

しかし、そんな素朴な警戒心も、
現金10万円の魅力の前には、
軽く崩れる、こともありうる。

今回は、ナンバーを記入&入力だけで
済むようにするだろうから
それで終わることも、
もし、強制作成を条件づけられる時、
10万円捨てる人より、マイナンバーカードを
作成することを選ぶ人は多いだろう。

今回は、時間の無さが、
作りたくない人には幸いし、
政府には、災いし、作成は、
多分、強制は出来ないだろうし、
しないだろう。

でも、いずれは強制義務化され、
抵抗できなくなるのだろうし、
この際作ってしまおうかと、
踏み切る人も出て来る。
役所が暇になって、
コロナも去れば、いずれと、
沢山の人が、覚悟もしよう。
監視社会のデメリットもあるが、
メリットもあると。
電子制御されることを受け入れる。

政治は、大衆・民衆を管理統制統御するのが要諦。

どちらにしても、
既にとっくに通知され、
掌握されている「マイナンバー」
誰よりも、本人よりも、
よく知る政府。
ただ、普及を公的確認させなければ、
運用がしにくい。
やはり、大々的な、表向きの周知徹底と、
運用の是認が必要。

これほどのマイナンバーカード作成の、
そして全国的普及のチャンスは、
政府にとって訪れることはないだろう。



しかし、それでも、
どうにもならないのが、
高齢者などで、インターネットにも、
あらゆる情報にも、あまり関知せず、
無ければ無いで済ませる人々。
彼らが、少額ずつながら、積み立て、
営々と守って来た虎の子を
郵貯、銀行、生保、国債などを、
懐に抱き、握りしめること、
堅実に財産を殖やした「ゴリオ爺さん」か、
『罪と罰』の金貸しの老婆並みであって、
1900兆円の、国民の金融資産の中味とは、
案外、こうした庶民の、
身を惜しまず、爪に火を点す生活の
集成し、堆積されたものなのだ。

財務省や政府が、
既に全てを掌握していることを
彼らが知っていれば、
抵抗は意味もないことも知るだろうが、
表から裏への通り道に、
蔵は目立つからと、
小さな壺やら、甕に蓄えた昔の人のように、
まだ隠し通せると思っているのが庶民。
知らないには、知らないの強さがあり、
黙々と耐える生活に馴れた庶民には、
庶民の強さがあり、
ある意味、それこそが、庶民の力。
政府は、なおも、手を焼くだろう。
この攻防戦は、まだまだ続きそうである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス