クチンを急がなければならない。日本なら阪大の森下教授とアンジェスのワクチンやリプロセルのワクチンとか


(他にも、いろいろあるだろう。
日本には、大学や研究所、製薬会社、
創薬のベンチャー企業も多いのだから。

速さから言えば、
森下教授とアンジェスのワクチン。
ワクチンというものの常で、
成功するか失敗するか、
眉唾のところも多く、
博打的要素が強いが、
座して死ぬのを待つよりはと、
藁にも縋る思いで、開発するもの。

大量に作れる点でも優れている。
世界中の人を救える夢があるのだから、
バックアップをするべき。

今のところは、ペプチドや
タカラバイオが協力している。

ただ、ウイルスは、日々進化して
変異するから、ウイルスの賢さに
勝てるかどうか。それだけが問題。)


政府は駄目だけど、
日本の民間は頑張っている。

有望なものに、政府はなぜ、
予算をつけて応援しないのだろう。

日本の研究機関は、
みなお金が無くて困っている。
十分にその力を発揮できない。
山中教授の研究にさえ、
ストップをかけかねない政府がいる。


もう特許切れになり、
中国でジェネリックでどんどん作られているような
政府の推し推し薬品より、
新薬やワクチンの開発に、
政府は支援の手を差し伸べればいいのに。

ワクチン開発が難しいのは、
出来るまでに時間がかかり、
承認にも時間がかかり、
その頃には、ウイルスが終息していて、
或いは、ウイルスは次々変異して、根絶が難しく、
製薬会社の収益に貢献することが少ないという問題があるが、
でも、だからこそ、人類を救うためには、
政府が乗り出して応援する必要があるのだ。
そのことによって、必要な予算を得、
開発スピードが速まるのだから。

これからは、防衛よりも、医療だと思うけど。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス