アメリカに流行っていたインフルエンザ、やっぱり新型コロナウイルスだったんじゃないだろうか。それがサイトカインも呼び起こしたのでは?



チャイナウイルスと、
蔑むように煽るように、
トランプさんは、言うが、
その原因は特定できないし、
どちらとも言えない。
寧ろ、同時期に、
双子のように発生したウイルスと
いう気がする。

それでなくて、現在のアメリカにおける
イタリアなど遥かに凌ぐ、
感染爆発ぶりの説明がつかない。

既に、一定量、ばら撒かれていた
沈黙の感染地雷に、導火線から、
火がついただけのように見える。

あれだけの超大国。
世界一の大国。
医療技術も、そこにかけるお金も、
最先端、最強力のバックアップもする国。

あの名高いcdcも全く役に立たない
案山子のような代物にした
新型コロナウイルス。

あれだけの軍事大国が、
地球を何十回も消滅させる力を持つ
核保有超大国が、
無防備都市となり、
手も足も出ないで、
死者の山を築いている。

国家予算を費やす国防費を
どれほどかけても、
眼にも見えず、耳にも聞こえない
超微粒子のために、きりきり舞いする
窮状を呈している。

オバマさん時代の決まり事を全て憎むように、
医療予算を切り、CDC予算も切り、
人員も切っているとは言え。

それでも、並みの国とは比較にならない大国であり、
その医療であるはずだ。
先進医療のみならず、ICUの数も、
医療スタッフの数も、世界一。
それでも救えない人々。
まとめて島に集団埋葬される人々。

国民にとっては、自由診療で、
心臓手術をすれば、
家を買うほどの請求が来るとも言い、
国民皆保険には程遠い国ではあるが、
だから、貧困層が罹患したら、
即爆発的感染に向かうことも疑いはないが、
それでも、オバマケアの遺産もある。
なぜ、あれほどの感染を許し、
地獄のような苛酷な、
中世のペスト蔓延時の都市のような様相を
呈するのだろう。

武漢を攻略し、
ニューヨークを攻略した新型コロナウイルス。
これは、いったい何だろう。

まるでSF映画を観ているようだ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0