東京は見切り発車をするほかに無いね 東京都知事の権限で 国は愚鈍な無責任な政権


小池さんは、
オリンピックのために検査もせず、
感染者数も死者数も死因も誤魔化して来た
ことに於いては、
国と責任を二分しなければならない
オリンピックファースト主義者
であったけれど、
だから、それは許せないし、
その罪は大きすぎるけれど、
その万死の罪はある上で、
にせよ、



延期決定以後は、
やっと、
ウイルス対策の緊急性重視に立ち戻り、
選挙対策を兼ねる意味合いも勿論のこと
ではあるが、ほぼほぼ、
国の姿勢に比して、
スピードを重視することに於いて、
安倍さんが、そこに居ることを、
無用のものに感じさせる存在感を
示している。

他のことは、
核保有も可のような、
右に傾く過去の発言の数々の危険性が、
変わるわけでもないし、
朝鮮人虐殺に対する意見とか、
緑の狸ぶりが、
要警戒であることに限りはないが、
コロナ対応短期限定担当者として、
メディア出身らしいその声質の、
安倍さんに勝ることだけでも、
安倍さんに、その座を交代してほしいと、
思うくらいだ。

のろまな政府に対する
間に合わないのよ、
邪魔だから退いて、
と、言いたい気分が、
表情に表れている。
それでいいと思う。

それがいけないなら、
政府は、
情報弱者もいることを考えて、
何か月も前から、
急ぎ、都民や国民の意識を高めて、
一刻も早く、完全な理解を、
求めるよう啓蒙すべきであった。



それを、寧ろ、誤情報を
マスコミをして流すに任せ、
意図的な誤解を与え、
ウイルスに対する真の理解を妨げ、
医師もまた、
空気感染すら認めず、
重症化例についても、
医師自身の、
ことごとく誤った認識のもとに、
TVに出演し、権威に弱い国民に、
医師の言葉を流し続けて、
誤った安心感を植え付け、
あたかも、日本だけは、
この難を逃れるとばかりの
誤解を与えていた。

それを未だに
謝ることもせず、
過ちを革むることも出来ないで、
ただ足を引っ張る。
愚かしいこと限りない。

国や医師の認識の甘さが、
100%、事態を悪化させて来た。
この4か月。
ずっと、想像力の無い政府の
国民は犠牲に成って来た。

もちろん、言うまでもなく、
犠牲というのは、本来は別の言葉で
言うべきことを置き換えているだけだ。



国民一人一人の責任が第一だが、
それまで、こんな呆れ果てるような
モラルもなく知性もない政府を、
支持して来たような国民だ。
自ら、
全員が急に目覚めるわけもない。

衆愚政治を承知で、
それを拠り所ともし、
寄らば大樹ともして来た国民だ。
この時だけ、
自ら考えるわけもない。



未だに、自らの死ではなく、
日常と比べて、
行動の是非を決めている暢気な人々も、
まだ沢山いるのだ。
たった今の自分の死を怖がらないという
想像力の無さが、
全ての根源的な原因だ。

肺も心臓も脳も壊しに来る、
この劇症ウイルスの怖さを、
差し迫った死を、
十分に解っていない人もいるのだ。

感染症という病気において、
低リスク、ハイリスクを決めるのは、
既定のデータでもなければ、
医師の語る定説でもない。
油断するリスクこそが、
本当のリスクだということを、
思うか思わないか。

それでなくて、
迷う時間は無いわけだから。



国民が、この病気の怖さを
最初から知ってさえいれば、
「緊急事態条項」導入にすり替えられかねない
「緊急事態宣言」も、お上から来る
「自粛」も要らないのだ。本来は。

しかし、そういう国民ではないから、
自粛が大自粛になっても、
何も変わらない。
緊急事態宣言が、
火焔放射器になっても、
戦車になっても、
何も変わらない。
どこまで行っても変わらない。
原爆を落とされても、
変わらなかった国民だ。

自分で、本当に、理解していたら、
本当に怖かったら、
法律も何も、規制もなくとも、
自分で、自分の死と比べるはず。
自らの死を怖がるはず。



様子を見てなどというのは、
頭の中で速巻きにして、
政策を打つのが政府の仕事のはず。

何が一番大事か。
ウイルスを断つには、
ヒトヒト感染させない以外に方法が無い。
人と人が、
感染をさせない努力をすること。
全員が離れていること。
つまり、ウイルスから。
ウイルスは、
それぞれの個体の中にいるのだから。



猛火がそこに迫っているのに、
まだ酒盛りをして様子を見ている
つもりなのだろうか。
GPSで監視していなければならないのは、
どうやら、政府の決定権を握る人たちの頭の中。

津波が見えたら、逃げましょうとしているようなもの。
津波は、地震が起きた時に、
既に起きているのだ。

その眼で見えた時には、
既に、逃げ場を失っている。
「津波、てんでんこ」である。

津波がそこに来ているのに、
まだ、家が、と、言っている人たち。
まだ、ウイルスの怖さを理解していない。
どんなに苛酷な現実でも、
それは、人間の側の事情。
ウイルスは、容赦しない。




武漢で起きた時、
既に逃げ出していなければいけなかったのだ。

それを今まで放置して、
隠蔽につぐ隠蔽をして来た。
まだ、それを捨てきれないのだろうか。
方針の間違いに気づき、
転換しなければ、
人が死ぬ。
コロナとは別の名前で葬られる。

生贄にする気なのだろうか。
そんな政府は要らない。



政府の高官の発言を聞いても、
政府と都の緊急性に関する温度差が激しい。

問題は満載なれど、
まだスピードの意味を知っている点に於いては、
小池都知事の方が勝る。

政府は、首都東京を壊滅でもさせそうだ。
安倍さんは、後ろに引いて、
この時期を仕切るコンダクターは、
小池さんに交代してもらえば?
と、思って見ている人は多いと思う。



緊急事態宣言後の、
国と都のゴタゴタは、
見るも無残で、
国民がどれほど死んでも、
会議を連ねているような
愚鈍な国と思わせる。

どれほど急いで、それをしなければならないか、
国は、解っているのかいないのか。
2週間が、どれほどの手遅れを招くか。

もう安倍氏は解任されて
いいい。

現在の制度では、
それは出来ることではないが、
あまりにも愚鈍で、後手後手で、
ウイルスに蹴散らされ、
喉元を掻き切られてから、
助けを求めようとする将に見える。

解任が出来ないなら、
入院でもして、
スピーディに指揮を取れる人に、
交代してもらえばいい。

結果を見てとか、
様子を見てとか言っているのは、
どれほど死者が出てもいいと、
言っているのに等しい。






hoほ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス