政府の権限を増せば、安倍政権のお気に入りの業者と政権が癒着のし放題 優先的に決め放題


前にも書いたけど、
これでは、加計も森友も、
比較にもならない胡麻粒。

緊急事態情勢下では、
安倍さんのお友だち企業が、
この状態を利用して、
特権利用のし放題になる。
何でも有りに。

その上に、マスコミが、
その権限の小さいこと、
警戒するにあたらぬこと。
もっと厳しくするために、
さらなる権限を付与すべきくらいに
花道を整え、
前宣伝に努めてくれる。
望まずとも、
何ならどうぞと、
どうぞお使い下さいませと、
全権委任さえ与えてくれそうな勢いだ。
いやいやと、遠慮深き宰相殿に。

この悪辣な政権と知りつつ、
けしかけてくださる皆様ありがとうと、
政権と、そのお仲間は、
至ってご満足の笑みを漏らしているだろう。

これまで為した不手際も
忘れて全権委任する優しい国民ありがとう。
何もしなかったことの成果が、
これほどの実りになるとは有り難いとでも、
思っているかもしれないね。

検査せず、日本中にばら撒いた
イナゴのような保菌者の群れありがとうと。
いくら殺したところで、
何の証拠も残らない。

諸外国に比べればましだろうと、
脅せば黙る群れである。
嫌なら補償はしないぞと、
言えば、お助けくださいと、
這ってでも、申告にも来る群れである。


用地、建物すら、
自由にできるのだから、
その他のことなど、
軽いこと。

企業側も同じ仕組み。
国家のお役に立てること。
オリンピックの穴埋めも
実にスムーズに入れ替わる。
お手柄と褒めても貰える。

国家の危機存亡の時を救うお手伝いなんだから。
前もって、地均しし、
希望に応える形だから。

緊急事態宣言下では、
昔の戦時中の軍需産業と政府や
軍の関係のような癒着は、
正当なものとなる。

それどころか、
これでは権限がまだ無さ過ぎると、
国民自ら要望激しく、
その願望に答える形で権限の強化をし、
欠落なくして、
実施しようというのだから。

これではまだ緩すぎる、
権限が少なすぎると、
国民の方から、
申し出てもくれる。
権限強化の要望をするのは、
政権ではなく、野党や国民であると。
その要望に応えてもいいと。
まるで棚から牡丹餅。


後に、もし、
国会で追及される時でも来たら、
大威張りで反論できる。
皆さんが、要望されたんですよ。
私が望んだのではなく、
圧倒的な御要望に応えただけですよ。と。
そして、その決まりに則って、
企業を選定し、
事業を課しただけですよ。と。
これはそういう仕組みですからと。

平常時は、
国家戦略特区の制度でも利用しない限り、
そのような特権は、利用しにくくて、
また問題にもされやすいから、
多少の慎重さは、あっただろう。
うわべを繕うくらいは。

安倍さんの強心臓でも、
加計学園など、
余程の計画を持って臨んだことだろう。
今は、そんな配慮や戦略さえ要らない。
天下御免だ。
日本に貢献し、世界に貢献する仕事。
素晴らしい買い気配の連続。
素晴らしい鰻上りの大収穫。
濡れ手に粟とはこのこと。
もちろん関知されぬこと。
インサイダーともならない。
ただ、輝かしい事。
いつもは商品名や製品名を言わないNHKでも、
全国の津々浦々へ発信してくれる。
どちらにせよ、
宣伝ともなり、
有形無形の企業の儲けに比べれば、
露ほどのものでもないこと。

しかし、現在の緊急事態宣言下では、
どれほど、その敷居が低くなったかしれない。

日本会議系や、
安倍さんの、ゴルフ仲間や、会食仲間が、
その利権にありつく。
とても巧妙な仕組みだ。

だいたいのメンバーを見れば
解ることでもあるが、
表向きの理由は、立派な社会貢献だから、
どこからも批判されることもない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス