安倍さんという名の緊急事態を除かなけゃ 日本の危機は回避できなくなりそう


東京都は、もう水が溢れた。

私たちの命を預かる首相は、無能力。

赤木さんの奥さんの言い方を借りれば、
緊急事態を宣言し命令するのは貴方ではなく、
貴方は緊急事態だから退陣しなさいと、
主権者である国民に命じられる側。

検査しない理由を、
医療崩壊を招かないためと言って
感染者数も、
従って死者数も表に出さないようにし、
地雷をばら撒くように
隠れ感染者を放置し、隠れ感染者や、
誤診された人が、
病院を次々と受診するきっかけを作り、
医療関係者が罹患、
院内感染も、市中感染も起こり、
医療崩壊が起きている。

人災を起こしているのは安倍政権。
経済だのオリンピックだのを掲げて、
人命を軽視した。
今も同じ。
短期の終息を妨げているのは、
誰でもない安倍首相。

なぜ、現時点で全校休校を再要請しない。
何をボーっと見ているの。
側近の今井補佐官が教えてくれないと
何も出来ないの?

石垣の一つが崩れても、
全崩壊に至るのが解らないのだろうか。

東京都に、ベッドと医療資源と、
ICUと、人工呼吸器とECMOと、
人的資源を提供しなければ、
もう時間が無いばかりか、
既に決壊し、濁流が流れ出しそうだ。

今、私たちが罹患し、重症化しても、
診てくれるところはない。
コロナ専用治療センターもない。

中国で「謎の肺炎」が12月に発生してから
もう5か月目。その間何をしていたのだ。
中国では、武漢でも、ほぼ終息しようとしている。
南京では完全にシャットダウンしたから、
いち早く終息の模様だ。
やれば出来るのだ。

その間、もう5か月もの猶予期間がありながら、
安倍政権がしたことは、
オリンピックのための隠蔽だけ。
(安倍さんこそは、この日本にとっての災いのもと。)

とっくに用意していなければいけなかった
医療のバックアップもせず、
発熱外来も設けず、
動線も分けず、
医療資源も確保せず、
軽症者用の宿舎も
重症者用のICUも、
救命、蘇生装置も用意せず、
若年者の感染と重症化があることも喚起せず、
根拠もない定説を振り撒いて、
つい最近まで若者に油断を与え、
大量感染の原因である空気感染も認めず、
甘く見て懐手をしていたのも同じだ。
迅速さに欠けるのは、無能さの証明。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)