対象とならない世帯も日本中、影響は絶大ではあるけれど我慢ね。でも、要するに殆どの人は除外という事。



しょうがないね。
自営業者でもないし、
特に所得が減少したわけでもないから。

でも、各家庭、ものすごく支出は増えているから、
収支的には、みんな影響を被っているから、
全日本的に、疲労感、疲弊感が強いと言っても、
土砂降りのようになった
人に比べれば、自分で傘を差せる程度なのよね。
だから、まず、救出しなければいけないところから
救出するしかないわけで、
もしも、その地面が崩壊したら、
一気に、災厄が、全体に及ぶからね。
人心が荒廃することほど、
恐ろしいことはないから。

政府の支出とすれば、
全世帯か全員に10万ずつ配るより、
対象を絞って30万円ずつ配る方が、
余程、少なく済むわけで。
所得制限のあるなしで変わるけれど、
世帯分離をする件数を入れても、
数分の1で済むんじゃないかと思う。
さらに、もともと所得が低い人に絞れば、
10分の1くらいになるんじゃないかしら。
本当に、どこまでもケチな政府方式で。
全体としてみれば、
実質、無支給も同然。


名目は立ち、
やってる感は出ると。

ほんとうは、全員に10万円、
所得の著しく減った人に30万円なら
一番よかったんだろうけど。

もちろん、お店を閉じたり、
失業した人にとっては、足しにもならない、
生きる算段が付かない状態だろうけど。




リーマンショック時の麻生さんの時、
全世帯だか全員だかに、
12000円が配られたって言うのだけど、
何故だか、今まで、一度も貰った覚えがない。
所得制限もなく、麻生さんも貰ったっていうのだけど、
どんな方法で支給されたのかまるで覚えてもいない。
何か手続きが必要で、しなかったのかなぁ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0