人工呼吸器、次世代型心肺補助(ECMO)システムを緊急に大規模に増産してほしい。/封鎖されつつある都市で願うこと。


と言えば、
中国なら、超北京誼安医療系統。
重症呼吸・循環不全患者に必要な次世代型心肺補助(ECMO)システム.
人工呼吸器でも救けられない人を救い出す機械を求めて、
今頃、世界中から註文が殺到していることだろう。

アメリカは、医療機器メーカーだけでは追い付かず、
GM、フォ-ド、テスラに人工呼吸器を作るように指示。
イギリスでも、同様。ロールスロイスやダイソンが応じる。
各国で、今、何よりも求められるのが、人工呼吸器であるということ。
それだけ、このウイルスの劇症性が高く、
命の緊急性にある人が多いということでもある。

日本は相変わらず、遅れに遅れて、
ほぼ何もしていない。
周回遅れは、日本の十八番。
今頃になって、対策本部を立ち上げるくらいの遅さ。
隠し事が多いものだから、
そちらの対応に追われて、
緊急の間にあわないのだ。


マスクが足りないからと、
シャープが乗り出したが、
その製品が、
やつと順次市場に出るだろうと
言っているくらいだから無理もないが。

日本で、中国の人工呼吸器、心肺装置増産体制同様に
即座に増産体制に入れるメーカーはどれくらいあるか心許ない。

人工呼吸器、人工心肺装置などでは、
テルモ、ニプロ、日本光電工業、フクダ電子、
旭化成(米国子会社ゾール)、
星医療酸器、太陽日酸など。
国立循環器病研究センターは、
最小・最軽量の次世代型心肺補助(ECMO)システム
の開発に成功している。

手術室用無菌装置他、空気関連では、
日本エアーテックくらいか。
医療用クリーンルームやパーテーション、
陰圧ブースや発熱外来用のクリーンベンチ、
野外検査用にも使われる医療用テント。

治療薬とワクチンは、
これからに賭けるしかないけれど、
既に有るもので世界に貢献できるのだから、
日本は、全力を上げて、海外メーカーにも
負けないその高品質の電子医療機器、
人工心肺装置、ECMOを増産して、
突然の大流行でパニックになっている日本自身と
医療崩壊に見舞われる世界を
共に救い出すチームの一員となるべきだ。

ドイツは優れた指導力と健全な無借金財政と、
世界最先端の医療でその力があるだろうし、
日本は、民間にその力がある。
がんばってほしいなぁと思う。
医療は、軍事以上に、世界を守ることが出来ることを
証明してほしい。

イタリアや、スペイン、インドやアフリカ、
南半球が、新型コロナウイルスの火に焼き尽くされようとする時、
日本に何が出来るか。

軍事費にかける予算をこれに充てて、
既に崩壊しているイタリアや、
アフリカ等には、急いで、
無償で提供するべきだと思う。

アメリカは、庶民は医療費が莫大に高くて
病院にかかれない人もいるけれど、
政府はお金持ちなのだから、
(財政の崖は放置しているとはいえ、
軍事費に厖大な経費をかけられるほどの。)
増産に増産をして、本来なら、
世界を救う先頭に立つべきだが、
自国第一主義のトランプさんが、
やってくれるだろうか。
しかし、南半球の死がもたらすものは、
北半球と、地球全体の死でもあるのだ。

と言っても、
日本国内にさえ間に合わせられない
日本の医療体制ではあるだろう。

だからこそ、現在のままでは駄目なのだから、
何倍速ででも作り、増産し、
提供する体制を急いで
作らなければならない。



トヨタなんかも、
車なんか作っているラインを止めて、
清潔な環境の工場を用意して、
シャープのように、他業種であれ、
5Gを作るのも、人工心肺を作るのも、
陰圧と陽圧の違いに過ぎないのだから、
時代の要請に叶うものを作る、
特に、ダイレクトに、地球生命に貢献できる
製品のため、
生産ラインの転換をしてもいいのだ。

GMやフォードに出来て、
トヨタやホンダに出来ないはずはないはず。
トヨタやホンダの人工心肺装置があってもいいはずなのだから。

資金力のある大メーカーなら、
パナソニックであれ日立、東芝、オリンパスであれ、
研究所も工場も、そのための研究員や専門スタッフも、
中国並みのスピードで、作ろうと思えば、
作れるはずだから。

もちろん、他業種からの参入を許さないような
専門的な知識集約産業形態ではあり、
難易度が高いのは当然だが、
宇宙にさえ基地を作り、天王星や海王星までも
飛んで行こうとする人類なのだから、
軽やかにクリアできるはずだと思う。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)