ウイルスが下水管から逆流とか霧状飛散とかという香港のケースは怖い



このケースは、稀なんだろうけど、
本当に怖いね。


コロナタワマンの惨劇!「トイレ逆流パンデミック」で42人が死亡
2020/03/18 15:15
© PRESIDENT Online SARSの集団感染が集中した
アモイガーデンE棟(33階建て、香港)。
問題の排水構造は、日本のマンションと基本的に変わらない。
(時事通信フォト=写真)

下水の飛沫が割れ目から……
新型コロナウイルスで混乱する日本。
政府は不要不急の外出を控えるよう呼びかけているが、
室内でも気を付けるべきことがある。
2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した当時、
香港の高層マンション「アモイガーデン」
でSARSの集団感染が発生、10日間の隔離命令が出された。
英BBCによると、329人が感染し、42人も死亡した。
特筆すべきは、感染が疑われる入院患者の約半数が
1つの棟(E棟)の各階7号室・8号室に住んでいたことだ。(中略)

同事務所は、マンションで排水管からの感染拡大を防ぐための
ポイントとして以下の点を挙げている。
1・換気設備の使用に際しては十分に給気を行う
(給気口がない場合は窓を開けて換気をして使用する)
2・臭気などの発生が気になる場合にはキッチンや
バスルーム、トイレ、洗面台、洗濯機パンなどの
排水口(トラップ)にこまめに給水する
3・長期間不在にする場合にはバスルームや
洗面台などの排水口をラップなどで覆い、
飛沫や臭気の居室内への侵入を防ぐ
4・排水管(下水管)の漏水を放置せず、
早めに確実に修繕する
(下水の漏水で建物内で感染が広がる可能性も)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた