もう市中感染はとどめようがないとして重症化した時、死なないため医療体制はあるのか。


それが心配だというより、
多分、絶望的に、
崩壊直前ではないかと思う。

政府は予測をし防疫体制にシフトすることもなかったし、
予算も減額していたし、
医療施設にも圧倒的に検査、治療の設備も無く、
言ってみれば、完全にお手上げの体制のまま、
経済は緩やかに回復などと言い続ける安倍内閣の、
やってる感だけで、
国民を惑わす政策が支持されていた。


そこへ、黒船とコロリが襲った幕末のように、
新型コロナウイルスが襲って来た。

政府は、右往左往するばかりで、
竹槍で防戦する如く、為す術がない。

侵入を許した以上は、
蔓延するウイルスを除去することは
もう無理と諦める段階なのだろうが、
国民は、死ぬわけにはいかないので、
今あるだけの体制にしても、
医療体制を崩壊させないよう、
何とか、上手に重症者の発生を防ぎ、
また重症化した場合の治療を
優先させなければならない。
というところに来ている。

薄氷を踏む思いとは、
実感しているかどうかはともかく、
よく安倍総理も使う言葉だが、
内憂外患、日本の政治も医療も、
正念場に来ている時点で、
まだ特効薬の無い新ウイルス同様、
政府も国民も、日々、無能無策を
実感するばかり。

ウイルス様のご機嫌次第で、
政権の一つや二つ吹っ飛ぶ勢いでもあって、
各国首脳が頭を悩ませ、
その対策に追われている。

混乱に輪をかけないよう、
冷静な対応を呼びかけるが、
軍拡競争ばかりで、
パンデミック対策を怠った
各国政府でもある。


国民の安心と幸福とは、
程遠い政策に、
自画自讃していた政府でもある。
足元の危険な穴を放置して来た政府でもある。
そんな政府を、
一強、安定、と持ち上げて来た国民でもある。


このウイルスが去った後には、
悪質なウイルスよりもなお悪質な政権と
その考え方も駆除されていたいものだが、
さらにあらゆる機会を狙って、
増殖を窺っている細菌の集団のような政府でもある。

予断を許さない。
危ない危ない政権である。
そんな政権が増殖したコロナウイルスでもあった。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス