団塊の世代前後が壊れていく 苦労したもの 知らないだろうけど

団塊の世代前後と言えば、
高度成長期に就活期を迎え、
思いのままに就職し、
右肩上がりの給与を確保し、
年金に関しても逃げ切り組で、
という大方の世間のイメージ。

しかし、彼らだって、
それなりに苦労している。
(ろくな苦労じゃない。
苦労とも言えない。
贅沢な逃げ切り世代だと、
日本を破壊した元凶のようにも言われ、
年金原資を食い潰す集団のようにも言われ、
若年者の権利を奪い負担を押し付けると、
怨嗟と軽蔑の対象となることも多い世代だが。)

大学時代にも、
学園紛争や社会との闘争で、
何人もの自殺者を見たり、
約束されたエリートコースから、
ドロップアウトした人も
何人もいた。

就職してからも、
毎日夜遅くまで働き、
休日も少なかった。
子育てに参加できないなど、
批判の対象になるだろうことも、
当時は普通のこととされていた。
出産、医療、教育に国からの補助はなく、
社会で高齢者をみる時代でもなかったので、
生涯に渡って仕送りもし、
冠婚葬祭の肩代わりもし、
親が倒れては、社会の支援を得ることなく、
全面的に支援もした。
愚かな働き蟻であったかもしれないが、
彼らの心身を疲れさせたことでもあったろう。

社会に盾突いたことが、
挫折に終わった世代でもある。
日本だけでなく世界的に。
甘いと言われる豊かな時代の抵抗ではあったが、
闘いの末の悲惨な結末を見ながら、
抵抗する意志を完璧に失い、
社会に参加していった塊。

他にはもう道はなく、
生きるための選択肢は、
素直な働き蟻になる以外
残されていなかった。
それでも、受け皿のあった時代の
幸と呼ぶべきか、不幸と言うべきか。
学生が、産業と体制の奴隷になることを、
二度と疑うことは無くなった。

素直な羊の集団。
働き蟻の集団。
長寿時代との声をよそに、
今、彼らが、次々に病み、
次々に死んで行く。
足取りも覚束なくなった老いた羊たち。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)