着々と避難準備をしています役にも立たぬが安心のため





なんて感じで、
命永らえる算段もありありで、
ついこの間まで、
いつ死んでもいいようなことを
言っていたのは、
どこの何方様。

はい、この私。

今死ぬのは、御勘弁をと、
生きる気満々。

この世は、楽しみに満ちているのですから、
まだまだ時間が足りません、
などと、神様仏様に命乞い。

この先、いくら生きても、
楽しみの尽きることは無さそうだから
この願いは、いつか必ず却下の時が来る。

今年は、神様からの、
小さな黙示録が示されたようだ。
私たちの在り方を、
そして私たちの暴力で壊したものを、
ほらほら、こんなに壊してしまったんだよ、
と、指し示して下さったのだろう。

傷んだ大地、傷んだ山川、そして海。
修復もかなわないほどに
壊してしまった国土の上で、
私たちは生きていかなければならない。

人間の暴力的な破壊の痕をなぞるように、
ちょっと龍が水を吐き、
尾を振っただけでも、
裂けてしまう国土の上で。



私のみならず、
自然災害や、
社会保障の先細りや、
いろいろと、
命脅かすことが重なり、
今年の日本人は、
だいぶ、
命の持ち時間の短さや、
人生の貴重さに、
あらためて気づいたのでは
ないだろうか。

結局、人は、自分が好きで、
命が惜しいのだ。



でも、
蓮如上人の『白骨の書』ではないが、
「朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり。
誰の人も、はやく後生の一大事を心にかけ」
であり、
「既に無常の風来たり」
でもあるから、
急ぎ、後生の一大事とやらを、
ではあるが、
後生の一大事をそっちのけで、
日々、雑念に紛れ、
散らかした生の始末に追われるばかり。

いったいいつになったら、
蓮如上人の言う意味での、
念仏をとなえる心境になれるのだろう。

落ち着いた心境など、
一生ないまま、
気が付いたら?
死んでいた。
ということになりそうだ。




































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)