10%と8%の二種類の税率対応の電卓を買った。


今までのでも、
設定で税率は変えられるけど、
2種類は同時表示できないから、
電気の量販店に行った時、
その日は、掃除機やブルーレイディスクを
買ったりしたから、そのついでに。

消費税が変わるからって、
定期券や何かならともかく、
何も買わないでいいや、
と思っていたけど、
あと何日と毎日TVで煽られると、
ついつい何か忘れ物をしているような気分になって、
何か買っちゃうもの。

と言っても、有るものばかりで、
特に要るわけでもないのに、
と、思いつつ、
薬缶を2個買って、
前の2個と取り換えたり、
(これは気分転換になってよかった。)
キャノン純正インク6色増量タイプや、
いつも買ってる常備薬もどうせならと
買ったりもしてしまった。

単価の高いものではないのだから、
それこそ、その差、2%しか違わないのだから、
10月から買っても少ししか違わないのに、
と思いつつ、結構の煽られ方。



それにしても、
大手スーパーも参加させればいいのに、
小さな小売店の競争力をカバーするためかもしれないけど、
個人商店は、普段あまり使わないし、
還元率が何%でもあまり利用しないから。

日常の買い物は、殆ど大手スーパーだし、
食料品は軽減税率適用だから関係ないとなると、
個人商店で買うことが、元々少ないから、
私の場合、税率の変化で、
どれくらい影響するのだろう。

Amazonでは、
いろいろな参加形式の商品があるから、
どれくらい何がどうなるか、
結果を見てみなければわからない感じ。


半年前に註文していた
熊本県の盛髙刃物の包丁が、
10月だと思っていたのに、
9月中に届いたのは、
偶然か、気を利かせてくださったのかわからないが、
やはり、早く届いてよかったと思った。



このややこしい形式の消費増税も、
来年の6月の、キャッシュレス決済の期限付きのポイント還元が終わったあとは、
どうなるのだろう。

あの手この手で消費を煽ることは続くだろうから、
またそれはその時のことと思っていればいいのかな。

また何かの形で同様のシステムは続きそうな気がする。
だって、キャッシュレス決済は、確実に広がるだろうし、
抜け目ない業者がそれを見逃すはずがないもの。

いくら補助があっても、
そのややこしさや初期投資に耐えきれない
個人商店や中小のスーパーで店閉まいするところが
多くなるんだろうな。
第二次淘汰時代というか、
最後の一掃が始まったというか。


それでなくても、
最近、世界的に、倒産のニュースが多い。
時代の波に敗け、競争に負けて、
撤退して行く産業も多い。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0