高度プロフェッショナル制度の導入を変わらず目指す政権なれば


裁量労働制が今国会を通らない結果となって、
裁量労働制は、働き方改革の一丁目一番地とする
経済界からの失望コメントが相次ぎ、
彼の世界からの支持あってこその安倍総理は、
「経済界とのお約束」を果たそうと、
もう一方の車輪であり翼である
「高度プロフェッショナル制度」の成立に躍起になっている。

普通なら、
両輪であり両翼であるような裁量労働制の導入を断念した以上、
高度プロフェッショナル制度の見直しは必然であるはずなのに、
与党内にも常識が働く人はいないのだろうか。
安倍さんの主導にいつまでまかせているのだろう。

経済界からの支持は、
安倍政権の命運を握るものでもあるから、
失速を恐れる安倍総理としては、
ここで躓くわけにはいかないのだろう。
親亀こければ皆こける。
この場合、親亀とは働き方改革、
もう一方から言えば、働かせ方改革。
資本家と労働者の戦いの名を変えた謂いなのだから。

(働き方は、変えなければいけない。
しかし、それは、今のような使用者側に偏った、
労働者の権利を奪うような意図によって、
強制的に決せられるものではなく、
生産性を上げるため酷使された女工哀史をも想起さるような
一方的な力に従わざるを得なくなるようなものではなく、
合意を持って形成されなければならない。
悪用を前提として可とするような改革では、
改革どころか改悪になるだけ。

最初は1075万円以上と限って導入しても、
漸次、年収要件を引き下げ、残業代ゼロのみが、
一人歩きする可能性がある。
悪用に歯止めをどうかけるか、
今はまだそのような条件を整えていない。
使用者自身が、高度プロフェッショナルにならなければ、
未熟な経営者が残業代ゼロ法案とも言われる
高度プロフェッショナル制度を悪用したら
過労死はなお増える。)


常に、力を見せつけていての安倍政権、
新たに森友文書でも財務省のどこかから火の手が上がってもいる今、
高度プロフェッショ制度は、経済界の信頼をつなぎとめるためには、
何が何でも成立させたいと思うのも無理はなく、

政権が求心力を持つのも持たないのも、
経済界との友和的リングがつながっているからであって、
経団連や経済同友会からの要望の力は大きく、
巨額の政治献金や選挙時の協力から言っても、
母体といってもいい大きな基盤を失くすわけにはいかないのだろう。

アメリカからの要望と、もう一つには、
経済界からの要望に忠実に応えることこそ、
安倍政権の力と言われているものなのだろうから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

eblo
2018年03月04日 15:48
何故経済界はそんなに残業代にこだわるんでしょうかね。
高給取りは早めに死なせたいのかしら。
それとも、過労死裁判の歯止めかしら。
「あなたが勝手に長時間働いたんでしょう、自己責任ですよ」
それなら労基署も納得するのかしらね。
2018年03月04日 16:23
もともと管理職になったら
残業代は出ないし、
だから、導入のところは年収要件をある程度高くして
制度を入れやすくして、後でだんだん引き下げて行く、
3パーセントから5%、8%、10%となる消費税と同じやり方よね。
自己責任枠も広げる。

良い収入が欲しければ良い仕事をしろ、というのは、
正しいと思う。
ただ、良い仕事と認めるのは上司だから、
そこがね。
仕事量の点でも、これくらいこなせるだろうというのが、
裁量の原点は経営陣や上司にあって、
これくらいがこれくらいで済まないか
当然出来ることなのかを判断するのも上に立つ人。
或いは、仕事の依頼主。
それが広告を任せられたテレビ局であったり、相手先企業であったり、
自治体や政府、官庁であったり。
何十億という案件を任せられる場合もある。
競合各社と、プレゼンテーションで発表しなければならない場合も、
受注に至らなかった時の責任を取らなければならない場合もある。
プレッシャーを感じるなという方が無理。
納得いくまで、或いは、条件をクリア―したと
思えるまで深夜残業をする場合もある。
裁量労働制は、時間で勤勉ぶりを測られられるのとはまた違った大変さがある。

時間で計られる一般社員の場合も、それこそ、残業代はゼロでいいんだなんて、
誤解する零細経営者でもいたら、いいようにタダ働きさせられる。

どちらにしても、警戒して身を守る気持ちで対処しないと、
労働者は弱い立場のことが多いし、企業側には、
法務部や、企業弁護士や、社労士等々、固い守りの体制がある。
個人は太刀打ち出来ない。
裁判に備えて、残業記録を取っていても、なかなか認められないのだから。
eblo
2018年03月04日 23:46
昔はストライキなんて言葉をよく聞いたけど、あれは死語になったのかしらね。
2018年03月05日 06:14
死語になっていますね。
連合が、超優良大企業の経営者たちや政府と同調するようになって、
労働組合の意味も意義も失っていますからね。

労働組合は企業の下部組織になっている。
ライオンの食べ残りを分けてもらう動物のようになっている。
戦う相手と思っていない。

55年体制の頃は、野党にも数があり、労働組合はストライキで賃上げ要求をし、
学生はデモをし学費値上げ反対闘争や政治闘争をした。
今は昔。

今は、階層分化が進み、エリート層には金持ちの子弟しかなれない。
昔は、塾というものがなかったから、公立校からでも
学校だけの勉強と競争の中から東大・京大へ行ける人がいた。
しかも学費が国立・公立は私立よりずっと安くて、
年間12000円で、今では考えられない授業料だった。
今は国立でも、私立でも大差ない。
だから貧乏な家からでも進学出来た。

今は、東大生の親の平均年収が1000万円以上だし、
予備校や有名な塾に通うには、相当な負担がある。
公平な競争は不可能になって、
少子化で全入時代になっても、教育の機会均等は夢のまた夢になっている。

そして、超優良企業の選抜に通るには、
エントリーの段階で選別を受ける。
ここでも、機会均等は夢のまた夢。
2018年03月05日 06:15
つづき。

出来上がった社会は、この現状。
労働組合も労働貴族と呼ばれる大企業中心。
一般の無名の中小企業などお呼びでない。
その連合が、野党の力を削ぐ。
野党らしい野党になんかなりようがない。
東電の意志に逆らえなくて原発にも最近まで反対できなかった。
このごろ、少し風向きが変わって来て原発の廃止も言い出したけど、
まだ生ぬるい。

労働組合が、労働組合らしく、野党が野党らしくなってくれれば
世の中の力になれるんだけど、
一番いけないのは、労働者自身が、自分の帰属を
実際の在り処より、上に見ようとしていること。
だから戦わない。
自分が最下層でも、なぜか、安倍政権の支持をしている。
どう錯覚するのか解らないけど、
安倍さんを支持して一体感を感じているらしい。
強い側に付くことで、優位に立った気がするらしい。
強い側、勝つ側に属した気分になるらしい。

本来の姿で、本来の敵?と戦えばいいのに。
寄らば大樹の陰と言っても、大樹の方では、虫けらとしか思っていないのに。
2018年03月05日 07:09
と言っても、世界を取り巻く経済情勢の変化があるからだろうけどね。
日本も発展途上国から高度成長期、バブル崩壊、失われた30年を経て、
グローバリゼーション、新自由主義の席捲を受け、
企業の海外移転、頭脳の流出、デフレ、ダウンサイジングと、
労働組合が出る幕がなくなっちゃったんでしょうね。

山一証券が潰れて、社長の涙の会見があって、就職氷河期があって、
とにかく会社が潰れなければいい。我儘は言っていられないと、
労働者は要求をすることをしなくなった。

それが、今、世界経済の好調の流れが続いて、
日本の企業も空前の好業績を上げ、内部留保を積み上げるようになっても、
企業は明日どうなるかわからないと、まだ懐の紐を緩めないところが多くても、
社員に還元してくれと、組合もなかなか強く出られない。
まだ亡霊に怯えている状態。

人口構成が変わって、人手不足になった今からは、
強く出ることも出来るようにはなるんじゃないかな。
企業も年収と休暇条件を呑むようにもなるんじゃないかな。
需要と供給の経済原則に従って。

でも、根本的には教育よね。
諸悪の根源は、教育制度の欠陥。
日本は、本当の教育をせず、〇×とマークシートで
受験教育だけして来たツケが回って、実力のある人材に乏しいんだもの。

今は資本が資本を稼ぎ出しているだけで、海外のように新しいアイデアに乏しい。
もう一度、新陳代謝を促して、階層を超えて人材を引き出さないとね。

ガラガラポンと、びっくり箱から飛び出して来るような実力のある人が
育つ社会を作らないとね。そういう人材は、今は勉強をする機会さえ
与えられていない子どもの中にいると思う。
野性と自然力を残している子どもの中に、時代を変える力があると思う。
2018年03月05日 17:07
私は、同じ仕事をして同じくらいの能力があれば、
同じ給料を、と考えますが、
日本の現状は、社員に身分ありで、
身分、資格に給料が出るのですね。

正社員と非正規社員、
常勤職員と非常勤職員、
大学教授から高校・中学の教師でも、幼稚園の保育士でも、
病院の看護師、準看護師でも、正職員と準職員とは、
どこでも、呆れるほどの差がありますね。

ボーナス、退職金まで入れて比較すれば、
2倍や3倍どころか、10倍くらい違う。
若い時は同じように見えても、
賃金カーブがどんどん開いて、
生涯賃金では、1億から3億くらいの差になって。

それだからこそ、資格を取るために必死になったり、
エスカレーターに乗ろうと、
お受験に夢中になったりするのでしょうね。

日本でも韓国でも中国でも、それは凄い競争をして、
青春を台無しにして頑張ったりするのでしょうね。

教育にものすごくお金をかけて、
投資して、回収しようというのでしょう。

もちろんそんなに頑張らなくても、一族みんな東大なんて人たちもいて、
彼らは、ほんとに自然にそれが当たり前で、頭も良い遺伝子を受け継いでいるから、よく遊び、良く寝る。それでも軽々と合格する。
そういうサラブレッドと、普通の人は、スタートラインが違うわけで。
それはもう不公平を越えた「運」とでも言うしかない。
2018年03月05日 17:27
私なんかは、「勉強をする」ということが、
病気のように出来ない性質で、
究極の怠け者で、職員室に呼び出されて
何で勉強しないんだと怒られてばかりいたから、
その方が忙しくて、って感じだったから、
良い学校へ行こうと勉強をしている人は、
偉いなぁ、でもそんなに勉強せんでもええやん、
と、見ている方でしたが、
世の中に出てから、
確かに凄い差があると、自分は世間知らずであっただけなんだと
思いました。

ボーナス一回が200万、300万支給される会社もあれば、
外資でもなく年収制でもないのに、
ボーナスという名の付くものが全く支給されない会社もあったり、
先生でも、正職員には支給されるのに、非正規の先生には、
全くゼロだったりするわけですから。
少子化の今、非正規の教師も、雇い止めになったり
悲惨なことになっているようです。

まして、中国やベトナムから来た言葉も良く話せない人は、
同じ給料をもらうのは、なかなか資格でもなければ、
難しいかもしれません。

でも、これからは、そういうこと無くしてほしいです。
できれば受験勉強もしなくていいように、
受験というものがなくなればいいと思う。

それから、国籍や学歴でも差別しないで、
仕事の能力だけを問うことにして、
賃金格差も、同じ仕事なら無くしてほしい。

能力の差は、あっていいし、
正当な理由で差がつくのは仕方ないと思う。

日本としては、俳優は、珍しく海外より
アカデミーとか芸術大学とか出ていなくても、
俳優としてその役が出来るかどうか、を問う。
他の仕事でも、それぞれの職能を問うことにして、
仕事がちゃんと出来れば、
報酬もちゃんと払ってほしいよね。
2018年03月05日 23:26
>日本人はいつから経営者側の考えを自分の考えだと思ってしまったのだろう。

これには歴史があるかもね。
今でも、お上と一体になった気でいる人たちって結構いるし、
あと、中国人や韓国人とも、差があって当たり前と思う人もいるかもね。
戦前は植民地にしていたから、差どころか、ひどい思い方をしていたわけだし、
親がどう考える人だったかによっても、馬鹿にしていいと思う人と、
同等だし、昔は向こうの方が文化の先進国で、いろんなことを
教えてもらった敬愛すべき隣国と考えているかによっても違う。
戦争の前後に、日本に連れて来られて戦後も住んでいる人たちは、
日本では差別をされて貧しい暮らしを余儀なくされたから、
その姿だけを見て、日本人の中には、余計に差別感を強めて
ある種の先入観になってしまっている人たちもいるね。
歴史が解っていれば、謂われなき差別どころか、不当な差別で、
だからこそ、日本と中国、韓国、北朝鮮の間の国際問題の元にも
なっているんだけど。

経営者や上司の心を忖度し、先取りして気を遣うのも、
封建時代の、殿様やお代官様、地主様、旦那様や奥方様等々に
使える立場の発想かしらね。秀吉が草履を懐に入れて温めたみたいに、
先取り先取りして。貧しい者のお上に対する発想かしらね。
2018年03月05日 23:27

誇りとかあまりないのか、屈辱も感じないのか、
プライドゼロ感覚で。
今でもそういう人がいるんじゃないかな。
だから労働を提供して報酬を得るのにも対等の感覚になれない。
使ってもらっている、雇ってもらっている、という感覚になる。
まるで封建時代の水呑み百姓が地主さんに対するように、
ひたすら小さくなっている。小作人の態度よね。
自由契約という感覚じゃないのよ。

その上に、経営者の考えを自分の考えというか、
対外的には、うちの会社とか、とか、うちの社長とか、
やたらと家族的。会社は家か、というのだけど、
きっと家なのよ。
会社が家で、国家も家、
だから安倍さんにネトウヨさんたちが勝手に同化した気分になって
威張ったり、天皇に勝手に同化して、外国の王室より大統領より
歴史が長いと威張ったりする。一方的な片想い的な同化。
そして、虎の威を借りた狐になる。うちの父ちゃんは偉いって。
だから、自分の戦うべき敵にはならなくて、労使も争わず。
そんなところじゃないかしら。

この記事へのトラックバック