ある意味全うしたという感じがある 歌のイメージそのままの生

「夢は夜ひらくの」歌詞そのままに。
〈どう咲きゃいいのさ この私〉
身を乗り出して、手をのばして、
天に向かって問いたかったんだろうな、いつも。

一曲で、ずしーんと来る歌を歌えるって、
すごいことなんだと思う。
何を以ってしても埋められなかった淋しさも、虚の大きさも。
大原麗子なんかもそうだけれど、
それは一生続くものだったんだろうな。

人の心に残る歌を歌い、宇多田ヒカルという歌手を生み、
もうそれだけでも、一生分も二生分も生きたと思う。
おやすみなさい。 藤圭子さん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック