胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍さんも麻生さんも言語道断 なぜ引きずり降ろさないの?

<<   作成日時 : 2018/05/10 04:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ありえないでしょ。
あんな非常識なヤカラ。

程度が低すぎて、
物笑いの種でしょ。
それでも置いておく理由があるの?
わけわからない日本の社会。

この国の常識がわからない。
なぜあんな人たちの政権でいいのか。
二階さんや自民党の人たちの狡猾さも無類。

こんな政府と与党でいいのかと問えば、
代わりがないとか、のたまう国民。

どこが代わりがないのだろう。
誰だってできるよ。

こんな政府よりはマシに。
こんな政府の連中が足を引っ張りさえしなければね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 引きずり降ろしたら、あとはもう崩壊を待つだけ、だからです。あとはもうありません、この国を待つのは。
henokaapa
2018/05/10 09:26
崩壊とはどういうことでしょう。
無政府状態になるということでしょうか。
ヒトラーの第三帝国は崩壊した方がよかったし、
崩壊そのものが悪いわけではないし、
安倍政権が終わるのを、
日本崩壊と思うこともない。
と、私は思いますが。

つづく

2018/05/10 11:25
つづき

安倍政権とは、その政権が終われば、
他に誰一人変わる人材がないほど素晴らしい政権でしょうか。
日本は、そんなに人材不足で、安倍さんより劣る人材ばかりなのでしょうか。
どうみても、それほどご立派な政権ではないのに、
そうおっしゃるのは、どういう意味なのか解りません。

自由自在に動かせる操り人形のような意味で、
アメリカや経団連が最後の手札のように扱うならば、
最もその意向を汲んで動いてくれる便利な政権ではあるけれど、
国民のためには相反する意向を忠実な飼い犬のように尊重する政権。

総理の資質と、その虚偽に親和性高い政策は、
この国にモラルハザードを呼び込み蔓延させ、
日本という国の体質までを変化させているように見える。

私は、この政権は、国のためにならないと思うし、
こんな政権の退陣を、日本国家の危機とは思わない。
寧ろ、この政権が為した罪を思えば、
お隣の国の政権交代のように、
より良い国への第一歩を踏み出すことにもなる。
ただ、文在寅氏のような人材があるかと言えば、
確かにいないでしょう。
それでも、安倍さんが
このまま重責を担うよりはましでしょう。
彼は積極的に害悪を及ぼしますから。
誰がやっても同じことを自分だけの手柄のように話し、
自分の失敗を他人のせいにし、
しつこく自分の敵を中傷し、貶め、
平和を軽んじ、現憲法を憎み、頭に一片の教養もない。
それが相俟って、戦後レジームを改変し、
歴史修正主義を押し付けようとした。
そんな政治家の政治が終わることが、
崩壊につながるとは思えません。
アメリカから見放されるのが怖いということなのでしょうか。
このまま行っても、世界歴史の孤児になると思いますが。

2018/05/10 11:26
お見事です、見事に総理の姿を表しています。
あの人にできることなら、今の国会でさえ代えはたくさんいるでしょう。
普通の常識がある人ならいいんです。
国民主権をしっかり理解できている人ならいいんです。
e
2018/05/10 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍さんも麻生さんも言語道断 なぜ引きずり降ろさないの?  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる