胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 少なくともこの一年、見て来たものは日本の基本体質の摩耗と劣化

<<   作成日時 : 2018/04/16 17:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

想像以上にひどい劣化具合。

しかも、それが既に常態化していたこと。

目が眩んでいるのかと思うほど、

上から下まで、右から左まで、

何もかも、滅茶苦茶になっていて、

たとえ、行政を曲げても、

そればかりか法を曲げても、

誰にもそれを咎められないばかりか、

法も秩序もあるまじく、

罰則規定がないのをいいことに、

公文書改竄なども平気で行い、

おおやけの秩序など有って無きが如き

問題になった事件に関わる

主な登場人物たちは、

随分と威張ってお暮しになっている模様。



縮図でもあり、氷山の一角でもあるらしく、

大臣・次官殿も、長官殿も、局長殿も、

まるでバルザックの喜劇の登場人物のように、

哀れなほどに尊大で、

馬車の轍に庶民を轢き殺しても、

高らかに笑っている『ベルサイユのばら』の、

ポリニャック夫人のように冷酷で、

救い難く無神経。

なるほど、こんな社会に、

未だ社会を知らない若者が生きるのは、

それは大変なわけだ。

さよならさらば日本と、

出て行くこともままならねば、

どうして生きて行くのだろう。

こういう社会で、

何を規範に、何を信じて、



考えても無駄だ、と情報が語る。





でもね。これはみんな、

誰も考えなくなった結果だよ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今観た番組なのですが、呆れてしまいました。
セクハラ・パワハラをちゃかしている、事務次官は騙されたのかもしれない・・・。
記者が自分の社以外に持ち込んだのが怪しい、とか。
話した相手が誰であろうとあんな発言はアウトです。
記者クラブは取材相手の顔色を窺って報道する、だから政権の負の部分はほとんど出ない。
もしその記者が自社で報告しても言われることは想像できます。
「大人になりなさいよ、そんなことは笑って上手に対応できるのが大人だよ」
こういう言葉で、女性がどれだけ嫌な思いをしながら働いてきたか。

財務大臣の発言といい、この番組の出席者の発言といい。
物凄く気分悪いです。
e
2018/04/17 16:41
出かけていて、帰ってテレビを視たら
私が視た番組もそんな感じで、
麻生さんと同じスタンス。
笑って茶化して面白がるばかり。
これも100年古い日本の土壌?
これじゃあ、セクハラもパワハラも永遠になくなりませんね。

2018/04/17 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
少なくともこの一年、見て来たものは日本の基本体質の摩耗と劣化 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる