胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 福田次官ラップのようにリズミカルに「 」「 」

<<   作成日時 : 2018/04/16 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


全面否定のようで。
名誉毀損で訴えるそうだ。
女性記者に名を名乗れと、
記者クラブ宛てに、
財務省通達も、同時に発表。
お出入り禁止の報道機関が出るのかしら。
報道規制や、放送法にも影響するぞと、
脅しているのも同じ。
こうして、また、
真偽不明の世界、
有耶無耶の世界へ。

でも、文春にしても、
新潮としても、
第二弾、第三弾まで追撃弾を
用意して、告発しているはずで、
財務省が疑う捏造はしても
法務部がチェックするということだけれどね。
あえてやるかしら。

首相擁護の矢代英輝弁護士が、
この間、こんな展開もあるように、
相手が、名乗り出なければ裁判的には大丈夫、
みたいなことを前以て言っていたけど、
検察も警察も、裁判所も、
全部グルの世界だから、
伊藤詩織さんのように、
勇気を出して名乗り出てさえ、
揉み消されてしまう世界なんだものね。
財務省が出て来るなんて、
子どもの喧嘩に親がどころじゃないわね。

上に倣って、何があっても否定し、有耶無耶にし、
責任を取らない社会に。
辞め方一つで、一生の計画が狂っちゃうだろうしね。


テレビでは、また加計問題に関して、
安倍応援団で打ち切りになる『ニュース女子』
のメンバーの、須田慎一郎が、加計獣医学部擁護論を。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「他の女性には言うけれど、女性記者には言っていない」
だれもそんなことを問題視しているわけではないのに、財務省って何も分かっていない、未だにそういう世界なんでしょうね。
セクハラ・パワハラがどういうものか分かりもしないで、女性活躍、阿保らしい、全然話が通じない。
嫌われる男に限って、女性は自分を待っていると勘違いする。
アメリカでは例え関係があった相手でも声をあげ始めている。
日本では無理なんでしょうね、こういうことを言われただけで女性の責任にされる。
それを承知で犯人捜し、汚いコメント。

財務省の女性は被害を受けているかもしれないけれど、トップを訴えるわけにはいかないでしょうね。
e
2018/04/16 16:02
日本の社会そのものが一世紀も二世紀も古い体質のまま。
それにしても、福田次官も、麻生さんのコメントも、
財務省の御通達も、最悪ですね。
よくもまぁ、美しい国だの、日本スゴイなど、言っていられたもの。
こんな国だから、伊藤詩織さんが、外国まで行って訴えなければ、
国内では、訴えたり、名前を出したりが、バッシングの対象になったりする。職場でも、コンプライアンスだの、セクハラ、パワハラは許されませんなど言いながら、
意識そのものが前近代のまま。逆らえない相手に、卑猥・下劣な言葉で弄ぶ。

相手が誰であれ、次官が発した言葉であることは間違いないのなら、
誰にだって許されることでないこと、認識して当たり前。
恫喝すれば怯む。名乗り出られるはずがないと狡猾な計算をして、
お抱え弁護士や法務も検察も手の者で固めている自信で、
鳩首を並べて相談して決めたんでしょ。
またまた「男たちの悪巧み」

2018/04/16 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
福田次官ラップのようにリズミカルに「 」「 」 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる