胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 代わる人がいないというのはどうしてなの?安倍さんでなきゃって何があるわけ?

<<   作成日時 : 2018/04/14 05:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3


悪いことなら、いくらでもある。
でも、良い事なんて、何一つ無い。

どこをどうおして安倍さんが有能であるとか、
安倍さんに代わる人はいないと言うのだろう。
「我が国にとって最重要課題の北朝鮮問題を、
今託せる人は安倍総理しかいらっしゃらない」
とかなんとか。
蚊帳の外に置かれているのに?

うそが上手とか、
誤魔化しが上手とか、
そういう意味では、それは安倍さんに代われる人はいないけど、
完全無欠なウソツキが、そんなに偉いことなの?


それが何か、日本にとって外交上にプラスになるとか、
国民を幸福にするとか、
何をどうしたら思えるのだろう。
無いよね。

外交は下手だし。
大風呂敷ばかり広げて、
領土だなんだと言って、
お金ばかり献上して
実績はゼロで。


肝腎かなめの経済のことを忘れている
って言うだろうけど、
それは、
安倍さんの後をやらされる人は大変だよ。


何たって、
禁じ手を使って、
450兆円の国債と、
25兆円の株式を買い入れて、
その後始末があるからね。
借金も1087兆円もあるし、
一年経てば20兆円ずつ増えるんだし。
青息吐息の日本に目を背けているだけだもの。


広げ切ったものを畳むだけでもね。
軟着陸も難しいほど飛び出した上に、
赤茶けたボロボロの機体になるまで
酷使しちゃったしね。
燃え尽きる寸前かも。

後は野となれ山となれと、
追手に帆掛けて、黒田さんは、
逃げて行くだけだろうし。


でもまぁ、モラル無き人は去れ。
何よりもそれが最悪。
犯罪人も同じだもの。


だったら、取り換えていいわけで、
誰だって、安倍さんよりはマシ。
そう思うけど。

これ以上、黒い破廉恥な日本にしないために。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私はあんまり政治の事は分かりませんが、だったらコメントを出すなって言われたらそれまでですが私的に思う事ですが、安倍さんに変わる総理大臣は居ると思いますそれは小泉さんですね〜御父様も総理大臣をなさった人ですから!!小泉さんが、総理大臣はど〜でしょうか〜? (・_・;)
ツバキ
2018/04/14 17:20
ツバキさん 今晩は。

そう考えている方が多いと思います。
条件的にも、ほぼパーフェクトで。
政治家として人気を得る要件全てを、
ほぼパーフェクトに満たしていて、
(若くてハンサムで弁舌爽やか、いつも過不足無く、
マスコミや国民が求める、当を得た答えをする。

空気を読むにも敏感で、庶民の要求を素早く察知して、
首相にも厳しい註文をつける役割を演じて、
庶民の不満が自民党の方へ向かわないようガス抜きをすると同時に、
党幹部の、本気の逆鱗までには触れないよう配慮する神経を持ち合わせる、
まさに政治的バランスの天才的勘を持っているのは、父小泉元首相譲り。

反抗的姿勢を見せながら、党内の空気は把握して
選挙にでもなれば、どこへでも駆け付け、集票マシーン、
人寄せパンダとなることを積極的に引き受け飛び回る。
敵方や、野党批判も皮肉も上手。

人気を十分意識した劇的な活躍をする。
そういう意味で、間違いなく、
ナンバーワンの首相候補であり、
年功序列を無視して、選挙に勝つことだけを自民党が採用するなら、
小泉進次郎さんが、先輩候補者である石破さんや岸田さんを飛び越えて、
総裁に選ばれ、選挙に臨み、憲法改定の国民投票にも進むでしょう。
党が、年功序列を採用するなら、
小泉さんは、いつでも首相になれる盤石の大器として温存し、
最後の切り札として取っておくでしょう。

続く、

2018/04/14 23:06
続き

ところで、私の小泉進次郎さんに対する考え方としては、
小泉さんの人気があることを、恐ろしく思います。
その中味に未知の要素はあるものの、
今までに垣間見える政治手法や、政策を見ると、
理知的でもある甘いマスクとは逆に、
貧しい人には冷酷非情で、切り捨てて行く政治家であると、
判断せざるを得ないからです。
自民党的な、弱肉強食の、強引な手法の政治提案を強行する政治家だと
思わざるを得ません。
とは言っても、これは私の個人的な感想に過ぎず、
どちらにせよ、小泉進次郎さんは、遅かれ早かれ、
総理大臣になられるでしょう。
若いから、今すぐならなくても、いつまででも、
可能性に満ちた総理候補であり、時期はわからないまでも、、
総理大臣となるのは間違いない話でしょうね。

2018/04/14 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
代わる人がいないというのはどうしてなの?安倍さんでなきゃって何があるわけ? 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる