胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 余りにも裏切られ続けて疲れ果て怒らぬ民になったのかしら

<<   作成日時 : 2018/03/08 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


いったいいつから、この国の庶民は、お上側に付くようになったの?

そもそもなぜ、怒らないの?
どんなに出鱈目があっても、
首相が悪事を働いても、
時の政治の大事な判断を誤まっても、
何をしても。

何が何でも、この国で生き抜くためには、
体制側、権力側の意見に、ごむりごもっともと賛同し、
お覚え目出度い民である必要があるの?

堕落しても、汚いことをしても、
おおよその合意には逆らわず、
間違ったことでも、
意に添わないことでも、
賛成に回り、
選挙になれば与党に投票し、
或いは棄権し、
或いは世の中のことなどどうにでもなれと、
紅旗征戎吾がことに非ずと、
安穏に眠り、
洞が峠を決め込むことになっているの。
これが世の中と、
子どもにも教えるの?


今日、運び込まれていた段ボールで測れそうなコピーの山。
無駄の中の無駄。
あんなに紙を無駄遣いして、
意味もない重い冊子を、議員一人一人に手渡して、
何をしているつもりなんだろう。
あれが何かの証拠になるとでも?
これで決着つけろとでも?
馬鹿なことばかりしている。
あんな意味もないことに使った経費でも、
税金を使っているのでしょうに、
議員は議員として働かず、
役人は役人として働かず、
つまり国民のためには働かず、
自分の出世のためだけに働いている。

安倍さんがそこにいる限り、
議員も役人も、そんな風にしか働かない。
ウソと誤魔化しのためにしか働かない。

そして、憲法改悪に加えて、
緊急事態条項を強化して、
政府の権限をより強くし、
権力を集中できるよう決めるというのだ。

これ以上?
狂気の沙汰を狂気の沙汰と、
誰も言えないようにしようというのだ。

議員の任期も延長できるようにとか、
私的権限を制限しようとか、
いよいよナチスの手口に倣うどころか、
ナチスそのもの。


文書の改竄なんて軽いもの。
そんなこと序の口なんだろう。
これから来ることの序章なんだろう。

でも、それをこのまま許していていいの?
人間が怒らなければ、
この国の大地が怒るしかないのだろうか。
それほどまでに主体性のない国民なんだろうか。


安倍さんは、とても卑怯な人間だから、
逃げ切れないとなれば、麻生さんを切って、
それで決着をつけようとするだろうけど、
そんなことで許してはいけない。

あくまでも安倍さんが責任を取らなければ。
もし、麻生さんだけを切って決着をつけるような動きがあれば、
麻生さんだって怒るべき。
誰を断罪しても、
安倍さん一人もし逃げ切るようなら、
それは違うと、知らせるべき。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
以前祥さんがモラルハザードと書かれていたでしょ。
今回の次々起きていることを思うと。
もうそんな生やさしいことではない、れっきとした犯罪です。
しかも確信犯です。
犯罪内閣が、ゴタゴタを利用して国民縛り付け法を準備している。
今回のことで、官僚ももっと自分たちの下僕にしていくのでしょう。
段ボールは二階さんに見せるため、次の総裁選への準備では。
一連のことで野党の姿勢を攻撃するような風潮が出るようなら。
民主主義が終わったと思い知るしかないですね。
eblo
2018/03/09 07:37
犯罪的関与とか犯罪的行為とは何度も書いているけど、
犯罪とは、推定無罪ということが仮にないとしても、
裁判官でもないし、まだ罪が確定もしない段階で書けば、名誉棄損になるんじゃないかと、なかなか犯罪、犯人とは書きにくいよね。
書きたくても、ちょっと我慢するよね。
明確になった段階でなら書いてもいいんだろうけど、
他の犯罪でも容疑者は容疑者で、一応、書き分けないといけないんだろうと。
まぁ、「行っちゃう」こともあるけどね。
朝日新聞は、詰めが甘くて、そそっかしいところがあるし、
野党も勢いだけで攻めて証拠を検証する能力に欠けるところがあるから
なんでこんなところでケアレスミスするの、というところも多いから、
ほんと油断がならないというか、頼りないところがあるよね。

もしこれでチョンボをしたら、
安倍官邸の逆襲と粛清の荒らしになっちゃうから、
慎重に事を運んでほしい。
ここで退かなきゃならないことになったら、
天下分け目の関ヶ原で敗けるようなものよ。
スクープを放つには二重三重のチェックはしていると思うけど、
目を皿にして、完璧かどうか、重々注意してほしいわね。
時間との闘いではあるけれど。

民主主義はあったのかなぁ。
いつでも弱肉強食で、強い者が勝って弱い者は泣き寝入りさせられて、
そんな世界が続いていて、
それでも、今よりは平和憲法があった時代はよかった、と、
戦後生まれだから、そう信じて来たところがある。
まだ原っぱがあったり、路地でも遊べたり、公園も危ないところでなかったり、
子どもの頃は、海の砂浜も、その上にあった廃船も遊び場だったり。
そんなこともあり、今よりはのどかでいい時代だったような気がするだけ。

2018/03/09 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
余りにも裏切られ続けて疲れ果て怒らぬ民になったのかしら  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる