胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 勾留5カ月に及ぶ籠池夫人の独房には暖房設備もないというのは本当なんだろうか

<<   作成日時 : 2018/01/10 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そんなところにずっと入れられて、
いったい何を調べられているの?
えんえんと5カ月も調べて、
何も引き出せない検察って。
そんなことがあるのだろうか。

幼稚園に対する補助金詐欺容疑に関して
籠池諄子さんは知っているだろうが、
小学校建設に関しては、あまり知らされても
いなかったんじゃないかしら。
幼稚園に関する補助金は返しているし、
財産は失くしているし、
証拠は没収しているし、
逃亡の恐れはないし、
他に何を訊こうと、勾留しているのだろう。
訊くとしても、当事者として事に当たったであろう
籠池元理事長だけでいいいんじゃないかしら。
もちろん、熟知しているはずの弁護士や、
設計士や建設業者に訊くべきは、
言うまでもない。

家族への接見も禁止して、
籠池夫人を長期勾留しながら、
昭恵夫人の方は、幼稚園の教育方針に賛同し、感涙し、
その講演の中で、現在の公立小学校の教育に疑義を唱え、
新しく設立される小学校の、教育勅語を暗唱するような
全国の先駆けとなる復古的教育に期待し、名誉校長を引き受け、
また認可に関しては、その前日、 
(問題の安倍首相来阪の9月の3日間のさなかの)
安倍首相の別働隊のように谷査恵子氏を伴って奈良を訪れ、
私学審の梶田叡一会長と接触を持ちながら、
(すべては一連の行動なのだ。)
名誉校長を辞任したことで全ては終わったとでもいうように、
証人喚問に出るどころか、記者会見も開かず、
官僚の手になる作文をフェイスブックで公開するのみで、
または、妻の代わりに私が答えているから、それで十分だとする
安倍首相の国会答弁のみで、疑問には答えず、
パーティや会食に明け暮れるのを放置しているようでは、
籠池諄子さんが嘆いた通り、「昭恵さんはええなぁ」であって、
身分違いを認識させ、権力に逆らうものに懲罰を与えるにしても、
あまりというもの。

人権保護に配慮することなく、
保釈の申請も即刻却下され、
彼らの罪以上の大罪、
国家転覆容疑の政治犯にでも
対するようだ。
日本の司法は、何に支配されているのだろう。
籠池夫妻はいつ釈放されるのだろう。
釈放されたとしても、大袈裟かもしれないが、
暗殺未満の状態が一定期間続くのかもしれないと心配になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
勾留5カ月に及ぶ籠池夫人の独房には暖房設備もないというのは本当なんだろうか  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる