胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らないと切り捨てるのが安倍流で籠池氏のことも山口敬之記者のことも

<<   作成日時 : 2017/12/07 05:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


籠池さんのことを、問題が発覚して国会で追及されると、
名前すらよく知らないとでもいうようにとぼけて聞き返し、
山口氏を知っているかと福島瑞穂議員に訊かれると、
「どういう案件でございましょうか。」と言い、
「取材対象としてだけ」知っていると答える。

どのような案件で質問されることになったか、
よくよく知っているからこそ、そう答えた。
降りかかる火の粉を振り払うように。

もう、切り離し・切り捨てが始まっていて、
今後は、また、官邸が、伊藤詩織さん事件の
揉み消しに関わったことなど、一切無いと、
中村格審議官、元刑事部長も、
どこか遠くへ配置転換させるか、
何らかの方法で、マスコミから遮断し、
官邸関与の証拠隠滅を図るかな。

既に、警察の文書関係は、破棄するよう
画策しているかもしれないが。

でも、逮捕を決定したことも、
執行を停止したことも、
その文書があることも、
今は否定も出来ないし、
今後も証拠隠滅は罪だからね。

齋藤氏と山口氏の関係、
山口氏と安倍首相の関係。
共に太い線で結ばれながら、
齋藤氏逮捕の、その直結する理由が、
未だ鮮明に浮かび出ているわけではない。
しかし、時間が経てば、自然と浮かび出て来るだろう。

齋藤氏は、世界最先端の科学に興味を持ち、
スパコンで人類は労働と病気や死から解放され、
人類の永遠の夢を実現できる。
不老不死、と不労を獲得できるユートピアを実現できると説く。

プレシンギュラリティでは、
あらゆるものがフリーになり人間は働かなくてよい「不労」を手に入れる。
さらには、スパコンで老いのメカニズムを解明し、
老いをコントロールし「不老」を手にいれることができる。
日本人にとっては、穏やかで平和で豊かな国として描かれた『瑞穂の国』
という原風景に近いものではないかと思います。
これを世界中に伝播させてたいと考えています。」

またしても、「瑞穂」の国の登場だが、
里山思考とか、古代の日本に憧れているのかしら。
発想は、斬新だ。

(老いないのはいいが、
徐福の不老長寿を求めて富士山のある国へじゃないけど、
人間は、いつか死ぬからいいので、
不死は困るでしょう。と思うが。
逆に木乃伊天国になりそう。)

ただ、人工知能が世界を変えるとしながら、
理科系的思考では新しい体質を持ちながら、
一方で、どこか古い感覚を有するらしく、
ウルトラ右翼体質の、櫻井よし子さんや、
経済的には、独自理論を展開しながら、
夫婦別姓に反対だったり移民に反対し、
常に中韓に警鐘を鳴らし、
中国経済の崩壊を予告する三橋貴明氏とつながる。

新旧の共存も、スパコンの同時回路侵入型の思考経路を
思えば、矛盾しないのかも。
それが、経歴を含めて、
少々マネーロンダリング的な胡散臭さでもあり、
同時に革命期の夢想を現実化する機動力でもあるかもしれない。

逮捕するより、育てた方がいい才能であるかもしれないとも感じる。
どんな時代の革命家も火炙りになりそうな山師的な側面は持っていたから。

よくわからない人というのが、今のところの感想だ。
思想的に変な人に結び付かず、権力に取り入らず、
民衆の力を合わせ開発するようなら、
未来は明るいのに。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
知らないと切り捨てるのが安倍流で籠池氏のことも山口敬之記者のことも  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる