胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS よく言えますね。鉄面皮には感心する。日本の総理の強心臓ぶり。

<<   作成日時 : 2017/12/04 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


国税庁長官は「適材適所」=首相、森友答弁めぐり―参院本会議

12/4(月) 16:38配信


参院本会議の決算質疑で答弁する安倍晋三首相=4日午後、国会内
 参院は4日午後の本会議で、安倍晋三首相と全閣僚の出席を求め、2016年度決算の概要報告と質疑を行った。

佐川長官らの招致応ぜず=与党

首相は学校法人「森友学園」への国有地売却に関し、「適切」と説明してきた佐川宣寿前財務省理財局長を国税庁長官に充てた人事について「それぞれのポストに最もふさわしい人材を適材適所で配置する、という考え方に基づいて行った」と説明した。




告発するべきでしょ。
佐川氏も、総理も。
加えて麻生財務相も。
うそをうそとも認めず、
国会で虚偽答弁をした人を国税庁長官に据えて、
国民には、真面目に納税しろと。
それを命じるのが、 関与を疑われている総理大臣。

怪しさ満載でも、 国民が納得できないと言っていても、
首相に負けじと、角界の一強周辺に起きた暴行事件で
国民の目が反らされるのをいいことに、
薄ら笑いを浮かべ、
首相を助けるミサイルが増えでもしたかのように、
そしてまた、何よりも基本的に、
与党勢力の議席を占める大きさに安閑としている。

耳目を集中するスキャンダルが次々と起こり、
首相自身の疑惑が反らされさえすれば、
何でもいいのだ。
サーカスのジンタが鳴るのを、
常に心待ちにしているのだろう。


国民に真実を語らず、隠蔽を仕事とでもするように、
責任者を特定し、処分することもなく。
事件を容認というより、
忖度し、協力し、隠蔽し、否認し、国民を欺く官僚へ、
隠蔽の論功行賞のようにポストを与え、
逆らう者には、
内閣府の人事権を利用してポストを奪うと示威する。
前川前事務次官が指摘するように行政を歪めているのだ。
これが罪でなくて何だろう。

国有財産を管理する能力に欠け、
のみならず、意図的に虚偽に虚偽を重ねて、
行政への信頼を失墜させた。
国家公務員が国民の信頼を裏切る。
背任に価するのではないかと思う。


国民の8割が政府の説明に納得できないとしながらも、
支持率は、ほぼ変わらないことが、
ますます首相を増長させるだろうし、
何であれ、すぐに忘れる国民、
少々寒風が吹いたところで、いっときのこと、
強気で突っ張っていれば、追及も諦め、忘れ去るだろう。

まして、北朝鮮情勢が味方をしてくれる。
トランプ大統領も応援をしてくれるだろう。
緊張状態を煽り国民を脅して、
戦力増大させさえすればいいのだ。
そんな風にでも思って、
国会の終わる日を待っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
よく言えますね。鉄面皮には感心する。日本の総理の強心臓ぶり。  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる