胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 閉じ込めておくのはよくないわ。環境をよくして。精神的にも全快するために。

<<   作成日時 : 2017/12/04 04:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

貴乃花親方は、毅然としていて、
一歩も引かない姿は、とても頼もしいけれど、
明確な一線を引いて協会には譲歩せず、
その後ろにいる白鵬とがっぷり四つに組む感じなのも、
貴ノ岩を、呼び出しに応じさせなかったのも、
加害被害関係を協会の力で曖昧にさせないためには
よかったけれど、

貴ノ岩は、まだ体調がよくないようなのに、
食事を運ぶような感じで、
長期間誰にも会わない一室にいるとしたら、
環境がよくないと思う。
ケアする人のいる病院や保養所ならいいけれど。

巡業からは帰ったのだろうから、
プレハブではなくなって、
東京の親方の相撲部屋に帰って来ていれば、
少しは住環境や社会環境はよくなったと思うけど、
もし、まだ部屋内でも一人きりだとすると、
いくらなんでも、
一人、閉じこもっているのは、
心によくないんじゃないかしらという気がする。

頭の怪我の再診察は受けたのかしら。
後遺症やPTSDも含めて、完治するまで治療しないと。
捜査は捜査で完全に警察にまかせていればいいけれど、
心身のフォローはどうなっているのだろう。

閉塞的な環境にいると、閉所恐怖症の人でなくても、
心も塞がれてしまうかもしれないし。

だいたい、今どこにいるのか、
どうしているのかも全然わからないで書いてはいるんだけど、
警察の捜査も、もうだいたいは終わったんだろうし、
怪我をした人の心身にとって最善の環境を、
と願ってしまう。

白鵬の一強的な相撲界での影響力を思えば、
相撲界全体が、白鵬の顔色を見て動くから、
貴乃花がその包囲網から弟子を守るため、
厳戒態勢を敷きたい気持ちになるのも、
万全の守りに入るのも、無理もないけれど。
あいつが行くなら自分は行かないという我儘な横綱を
けん責することも出来ない頼りない相撲協会なんだし。

もう、世間にも明らかになったことだし、
疎遠になっているという母親やお兄さんも、
いざとなれば、しっかりと理解者ぶりを示すのだから、
貴乃花も孤独の城に立て籠ることもないし、
オープンにしてもいいのでは。

もう少しで、警察の捜査が終われば、
記者会見もあるのだろうから、
準備を始めてもいいんじゃないかしら。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
閉じ込めておくのはよくないわ。環境をよくして。精神的にも全快するために。  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる