胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS マンツーマンで指導したからよろしくね 下駄を履かせて合格とする ←文科相

<<   作成日時 : 2017/11/15 03:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この先どうなるのか。
どんな名所になり、どんなに地元を活性化し、
どんな素晴らし人材を世に送り出すのか。
毎年、私学助成金が税金から投入されるのだから、
有為の人材を育て、社会に還元してくれなければ、
税金の巨大な無駄となる。
 
加計学園は、宏大な敷地37億円相当を無償提供され、
96億円の補助金を得て校舎を建て、
敷地を担保に加計氏分の資金融資を、
銀行から受ける。
現愛媛銀行の頭取は、
元愛媛大学学長で、その後、伊予銀行の元監査役でもあった
柳澤康信氏は2016年から岡山理科大学、第8代学長に就任している。
この人は、学長であるばかりではなく、
千葉科学大学長を務めた木曽功内閣参与と共に、
加計学園の理事でもある。
(なお、愛媛銀行会長、中山紘治郎氏も、
日本会議愛媛県本部会長。)
 
何から何まで、コネクションでつながり、
それが利益の供与にもつながっている。
と、思われても仕方ない色濃い関係性を認める。
 
そして、この加計学園に、かつて、現最高裁判事に、
安倍首相が任命した木澤克之氏、当の安倍晋三氏も、
監事として、共に在籍したことがある。
 
岡山理科大獣医学部は、
補助金・助成金で儲け、
加計夫人が社長を務める加計グループのSID創研は、
相場より高額の見積もりで、設計で儲け、
千葉科学大も受注している逢沢代議士の親族企業、
アイサワ工業は、建設で儲け、
加計氏の教育ビジネスは、完成の暁を見る。
否、まだまだ、
ここは更なる事業拡大の拠点と考えているだろうか。
加計氏の子息は、獣医学部卒であるというから、
彼の代に、夢は引き継がれるのかもしれない。
 
韓国からの留学生20人枠を通して、
国際的に進出する足掛かりにするのかしら。
安倍さんと支援しあう統一教会とも彼の地はつながる。
 
今治市は、既に1000億円も借金があるから、
その上に数十億を追加するというのも、
毒を喰らわば皿までも、の心境なのかもしれない。
 
100年かかって返せなくても、
その頃、菅市長も。前愛媛県知事加戸さんも、
この世にはいないのだし、
後は野となれ山となれ、
今が良ければ、それでいい、ということで。
立派に立ち上がり、正式に認可も下り、
まことに目出度いと。
 
小高い丘の上に建つ岡山理科大獣医学部。
最上階から見る瀬戸内の景色は、
さぞ美しいことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンツーマンで指導したからよろしくね 下駄を履かせて合格とする ←文科相  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる