胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS  「愛知の恥」って、どうしてそうなるの。仕事で評価すればいいんじゃないかな。

<<   作成日時 : 2017/11/10 03:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


フィフィ、山尾志桜里議員は「愛知の恥」「本当勘弁だて」

(サンケイスポーツ) エジプト人タレントのフィフィ(41)が9日、自身のツイッターを更新。倉持麟太郎弁護士(34)とのダブル不倫疑惑を週刊誌に報じられた山尾志桜里衆院議員(43)が、倉持弁護士を山尾事務所の政策顧問に起用する方針を固めたことに、「愛知の恥」「本当勘弁だて」と切り捨てた。
 フィフィは、山尾氏の地元後援会の会長が「本人がダメだというんじゃなくてタイミングとしてノーだね」」とコメントしていると報じた記事を掲載し、「てか、支援してる時点で愛知の恥だわ」とバッサリ。「私も名古屋育ちだもんで、愛知がこんなん支持しとると思われるだけで恥ずかしいって周りの幼馴染から連日連絡が来るんだわ」と、名古屋で育ち、中京大を卒業しているだけに、地元の出来事に周囲も敏感に反応していると伝えた。
最後に「本当勘弁だて」と、名古屋弁で批判をしていた。

私は、この件に関して、ダブルスタンダードなのかもしれない。
不倫報道が多すぎ、世間が、姦通罪があった時代のように、
正義の鞭を振るうようなのが、
ただ嫌なのかもしれない。
 
芸能人や政治家の不倫騒動も、
一括りにするほど、
一様ではないような気がするのだ。
元々、人は、誰の所有物でもないのだし、
結婚は神聖なもの、
とも言えないケースもある。
時代、時代によって、
結婚という制度にも、
いろんな形態があった。
平安時代などは、今とはだいぶ違っていたし、
今からも、変わって行くだろう。
 
結婚は、公的に認められた制度ではあるが、
内容は、千差万別。
 
人間は、微妙な生物だ。
法律的に公序良俗に反するか否かということはあるとしても、
簡単に、他人のプライバシーに関することを、
絶対良い、絶対悪いなんて、 判定、断罪出来るものでもない。
 
芸能スキャンダル、政界スキャンダル、
酷いなぁ、と思うケースもあれば、
それほどに思わないケースもある。
 
山尾さんのケースは、政治家にあるまじきことと断罪され、
確かにそうではあるのだろうが、 
私自身は、それほど悪い印象を持っていない。
 
個人的な印象であって、
こんなことを言えば、とんでもない、と、
言うだけでも批判されるかもしれない
世間は、大方、許さないと言っているのだから、
悪いことは悪いと断罪すべきなのかもしれないが、
巨悪を見逃しながら、 不倫騒動で、時間を費消してしまうのは、
とても惜しい気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 「愛知の恥」って、どうしてそうなるの。仕事で評価すればいいんじゃないかな。 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる