胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな非道な冷たい心の人間が都民のために良い都政が出来るのだろうか

<<   作成日時 : 2017/09/02 11:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


表向き華々しく脚光を浴びる面では、
力も発揮するのかもしれないが、
そして、それで十分なのかもしれないが、
相対的な立場や層によっては、
悪代官に過ぎないのではないだろうか。

切り捨て、見捨て、足切りし、門前払いして、
面倒なこと、見返りの少ないこと、大した票にならないこと、
マイノリティに関する予算は、無駄な予算という扱いにして、
カットしてしまいそうだ。

保育環境は改善されるかもしれない。
ノビシロのある世代へ重点的に配分するのは、
もちろん良いことだ。
社会で子供を育てるのはいいことだ。
でも、
切り捨てられるものの多さには、
誰も文句も言えなさそう。
常にシーソーのように、比較対象を用意されて。

本来比較されるべき富裕層や、大企業関連の税とは比較せず、
世代間競争を助長することで、都民を納得させる手法を取るのだろう。
賢いと言えば賢い、しかし冷たい、
小泉進次郎氏にしても、小池都知事にしても、
そういう政治家が増えて来そうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にそうです、比べる相手が違うだろうと。
しかし、日常でも同じような気がします。
自分の身近な世界だけで、自分と他の人間の位置を比べて、羨ましがったり、不平不満を言ったり。
だから、都知事のような人間の発言に疑問を抱かないのでしょう。
日本人の特性? 外国を知らないので。
eblo
2017/09/02 11:40
私も外国は知りません。
でも、封建時代から、施政者は、士農工商の下に賤民階級を作っていた。
下には下がいると思わせて、不満を持たないようにした。

その上、近代明治の大日本帝国時代には、
それでも、まだ足りないとばかりに、
植民地の民を、日本の賤民の下に位置付けて、
まだまだ下があると思わせ、
他国民を蔑むことで、政府への憾みを吸収させた。

それも、社会の一部ならともかく
日本全体を覆うムードにまで高まる時がある。
戦時モードになった時。

情けないことだけれど、偉い政治家さんから、庶民に至るまで、
他国蔑視、自国礼讃的発言をしたりする。

加害の事実も、小池さんのように、
「歴史家がひもとくこと」とし、
無視して過ぎようとする。

捏造と言い出す極右っぽい人まで出て来たり、
また、それを信じる人たちもいて、
都合の悪いことは認めることさえ容認しない。
そういう人が一杯いるのが、今の現実ですね。

沖縄や広島や、福島の人に対する虐めも、
かつての水俣病や、イタイイタイ病に対する虐めも、
同根なんだろうな、と思います。

自分たちが仲間とした人だけ、和気あいあいで、誰も
反論する人もなくて。そういう風土なのかしらね。

2017/09/02 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな非道な冷たい心の人間が都民のために良い都政が出来るのだろうか  胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる