胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京新聞に対する官邸の要注意勧告から望月衣塑子記者を守る必要

<<   作成日時 : 2017/09/13 13:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日本には言論テロの前例がありますからね。本人だけでなくご家族も含め、本当のところはかなりの恐怖だと思います。
石井議員、小尻記者のこと、右翼が犯人のように報道されていますが信じていません。
望月記者に対する殺人予告と同じ、政権批判、隠していることを調べる人間、そういう人たちがターゲットになっています。
日本は民主国家には程遠い国だと感じています。
しかし、何の力も持たない私たちはどうやって、望月記者だけでなく真実を追求するジャーナリストを守ったらよいのでしょう。
安田さんは国から放っておかれています、というより交渉を国から邪魔されています。
eblo
2017/09/13 16:42
官邸がその元になっているのだから 最悪ですね。
右翼が脅迫したりするのも、政府自ら、新聞・マスコミに干渉し、
暴力的な脅迫を加える人たちに 精神的な許可証を、
お墨付きを与えるような政府がいるから。
言論を封殺するような政府の考え方が、
見事に暗黒社会を作り出して行く。
国家権力がジャーナリストに物を言わせなくすることほど
怖いことはないと思います。
その尻馬に乗って行く人も沢山いるから。
それがほぼ全員になれば、社会の死。

2017/09/13 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京新聞に対する官邸の要注意勧告から望月衣塑子記者を守る必要 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる