胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 航空機も原発も止めずに地上だけJアラートを発する不思議

<<   作成日時 : 2017/08/31 05:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


遥か宇宙空間を飛んで行ったミサイル。
地上で、頭を覆えと鳴るJアラート。


再稼働された原発、再稼働予定の原発、
どんどん増えていますね。
もちろん、休止中でも、危険であることは同じだけれど、
暴走のスピードが比較にならないほど違う。
逃げる暇もないよりは、
逃げる暇がいくらかでもある方がいい。
四方海の島国では、逃げ場もないけれど。

北朝鮮が、何故、原発を狙うと脅して来ないのか、
それもとっても不思議です。
日本壊滅の恐れとしては、
それほど効果的な方法はないだろうに、
少なくとも、私なんかは、
たとえ、他に何も怖くなくても、原発の暴走だけは怖い。
それほど怖いものはない。

だから、日本国民を本気で脅すなら、
それを言うはずなのに言わない。
それは何故なんだろうと思う。

日本政府も言わない。
頑丈な建物に逃げこめとか、
頭を覆えとか、身を低くして伏せろとか
震災時や落雷の時のような指示はいろいろするくせに、
原発には触れない。

恐怖の大王が降るとは、
核弾頭搭載のミサイルに爆撃されるか、
原発を破壊されて電源喪失するか、
その二つとも、恐ろしいのは同じなのに、
触れられないことが、
ダリの絵のように現実を奇妙に歪めて見せる。

細身の身体に、原発を抱いた日本。
原発でぐるぐる巻きの日本。
日本は、戦争できない国なんだと、
万歳、お手上げなんだと。
いくら防衛を強化しても、
何も出来ないのも同じなんだと、
それを認めることが出来ないからだろうか。



でも、それは、日本政府。
北朝鮮の方には、どんな理由があるのだろう。
日本海側にも、太平洋側にも、隈なく張り巡らされた原発を壊せば、
日本も壊れるけれど、その災禍が近隣国にも及ぶからだろうか。

何か、戦略的に、必要な、あえて触れずなんだろうか。
国際社会で言い訳のできないことになるからだろうか。

明らかな殺傷目的となり、
人道上許されないことであるのが明確だからだろうか。
既に、弾道ミサイルをアメリカに届かせるとか、
グァムに撃ちこむとか言いながら?


でも、やはり、リスクが大きすぎるからなんだろうな。
ただのミサイル発射実験や、
核実験と違って、即戦争を意味するからだろうか。
それは開戦を意味することになるから。
戦争を望んでいるわけではない。という意味。
攻撃ではなく、実験だと言える段階に留める。
そうとしか考えようがない。
このままならという条件では。
次の段階へもし行く時は、
効率的かつ恐怖度の大なる原発攻撃並びに、
首都機能を停止させるとでも言うのだろう。
それは、基地を狙うのと違って、
民間人を殺傷する無差別な攻撃、殲滅作戦になるわけだから。


今の段階では、
アメリカに核保有国として認めよという
交渉とのみ、北朝鮮は考えていて、
斬首作戦で首を取られるリスクを冒してまで、
戦争の危険を犯す気はないということで、
その微妙な交渉が続いているだけ、
ということでいいのかな。
だが、しかし、それは、今ではない、ということなんだろうか。

見た目には、乱暴なようでも、
計りつつ見ているのかしら。
その後ろのロシアも。

歩調を合わせるように北方領土で演習を開始し、
いざとなれば、世界大戦も辞さずと睨みを利かせているのかな。


でも、どちらにしても、
アメリカにもロシアにも、
その経済的余力はないよね。

戦争の危機を煽ってだけいれば、
巨大兵器産業が儲け、武器弾薬も余すところなく消費し、
無駄なく新製品と入れ替えを完了することが出来ても、
本物の戦争となれば、国民の財布が持たない。
国庫は空っぽだという巨額の財政リスクが露わになる。

それでも、国内政治の混乱や混迷を、
外国に向けることで、愛国心を煽り、
自国問題を忘れさせようと政権が志すならば、
危険な選択もありうるが、
その後のことを思えば、
出口のない闇に突入する愚か者はいないはずなんだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今北朝鮮のミサイルにただ恐怖心を抱いているだけの国民が多い気がします。
話し合いは無理だからさっさと決着をつけろ、そんな声も。
日本政府の行動、それが目的としか思えません、日本人の恐怖心と強さへの憧れ。
政権維持のためなら何でもする。
だからあれだけ煽りながら、国民の安全への対処は何もしなかった、空襲警報を鳴らしただけ。
これからすることはアメリカから高い兵器を買う、今よりもっと尻尾を振るだけ。
このまま選挙に突入、それが一番心配です。
熱しやすく冷めやすい国民性、政権に一番利用されやすい特性、冷めてからの選挙を願います。
eblo
2017/08/31 10:01
愛国心って、不思議なものですね。
大抵の国が、愛国心を煽られた時に戦争をして
不幸な結末を招いている。
水争いをする貧しい村ほど、憎しみあって
両方村ごとなくなるような悲惨な結果を招く。
南アフリカでも日本の昔でも同じ。
軍需産業が儲かり、武器の供給がある限り
血は流れ続けますね。
それを国民が支持するのだから、
武器を買い込んだり、勇ましいことを言っていると、
よくやっていると高評価になる不思議。
政治も国民も劣化しているというより、
それが本質だったら、もう救いようも、
逃れようもないですね。

2017/09/01 12:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
航空機も原発も止めずに地上だけJアラートを発する不思議 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる