胡桃工房

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく本性が見えて来たのであり遅すぎたとはいえ正常化の始め

<<   作成日時 : 2017/07/17 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今までが、おかしすぎた。
どんなに悪い政治をしていても、
噓とまやかしで押し通す政権が、
支持率の高さを誇っていたのだから。

やっとそれを見る国民の感覚が、
正常に戻りつつある。
しかしまだ十分とは言えない。
3割近い人が、まだ支持しているのだ。

政府高官も、「代りが無い」と、
いまだに高を括っているようだ。

代りなど、いくらでもいる。
代りがない、などと、
いつまで思い込ませようとしているのだ。



安倍総理の罪は、
堆積している。

アベノミクスの法螺を吹き、
経済成長率神話復活の幻想を振り撒き、
日銀が禁じ手を侵して歯止めなき緩和と
国債やGPIFによる株式の買い上げと、
米国への過度の協力投資をし、

時代錯誤の原子力産業推進に注力し、
核禁止条約にも賛成せず、
武器輸出禁止条約にも賛成せず、
首相自ら、原発や武器を売り込みに歩き、

お友だちと側近を、優遇し重用し、
異を唱える者は、策略を弄して罠に落とし、
抹殺しようとする。

富めるものを、より富ませるため、
大企業や富裕層に有利な税制を取り、
働き方改革と称して、裁量労働制を採用し、
働く者の首をいつでも切れるよう、
生殺与奪も企業に有利な改革をする。

あくまでも、自分に近くへつらうもので固め、
正常な政権運営から遠ざかる。
党総裁と内閣総理大臣の境も無いかの如く、
日本会議や支援団体に、官邸執務室から呼びかけ、
ビデオメッセージを発信する。

改憲、改憲と、前のめりに期限を切って、
ハーメルンの笛吹きの如く誘導する。

これ以上、安倍首相の噓を許してはならないし、
政治を汚させてもならない。

それは、国民の富を本来あるべき国庫から費消させ、
国民の未来における国有財産や、日銀の健全性を毀損する。
安倍政権に引導を渡し、健全な姿を取り戻すべきだ。

官僚までも私物化し、安倍政権に忠実を誓うものだけを
昇格人事し、在るべき姿を守ろうとする者を排斥する。

そのような国家は、滅ぶへの道を歩む。
どんなに、軍事力を強化しても、
国を守ることはできない。
国民の幸福のために働く人を持てないからだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく本性が見えて来たのであり遅すぎたとはいえ正常化の始め 胡桃工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる