胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS >一転、総理の決断で。『ひるおび』の伊藤惇夫さんの予想通りの展開に

<<   作成日時 : 2017/07/14 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

『ひるおび』で、伊藤惇夫さんが言っていた通りの展開になった。

集中審議の開催について、自民党は、拒否する考えを一転、
安倍総理が、受け入れる考えを示したからだと。

自民党が開催に否定的な態度を示し、
安倍総理の決断で、とする。
いわゆる「総理のご英断」。

これって、『ひるおび』で、
伊藤惇夫氏が、
「総理が決断したからやりますという風に持っていって、
少しでも安倍晋三の信頼感を高めたいのではないか。
前にもこういうのはありましたよね。」
と、想像していたのと同じ。

この結果は、
『報道ステーション』の後藤謙次氏の解説通りでもある。
「あらかじめ予定されたシナリオどおりだと言われても仕方ない。
つまり安倍総理のすごい決断だとアピールするために一旦断り、
その上で安倍さんの判断によって受託するという。
ただここで受けなかったら、非常に大きな政治不信が
さらに深まっていくという懸念があったと思う。」


何にしろ、国会で質疑されるのはいいことだ。

内偵チームが判断して、これ以上決定打になるような証拠も
証言も出て来ない。安倍総理の説明で逃げ切れる。
と、判断したのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうせ逃げまくっていたなら、ついでにどこか遠くへ亡命でもしてほしい。
eblo
2017/07/16 14:52
あはは、ほんとですね。

コメントが入っているのに気付かず
お返事が遅くなりました。ごめんなさい。

2017/07/23 14:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
>一転、総理の決断で。『ひるおび』の伊藤惇夫さんの予想通りの展開に 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる