胡桃工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 知の不在、余裕の無さが現実を 現実だけ、に余儀なくされて。

<<   作成日時 : 2017/06/18 08:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

安倍政権の支持率の高さも、
そこに付け込まれているため。

移民を怖れるヨーロッパや、
トランプさんを生んだ土壌にも重なるけれど。

だから、安倍さんが去っても、
第二、第三の安倍さんが出て来る可能性が高い。
それは、かつて、ヒトラーを生んだ土壌でもあって。


あなた方の生活を良くする。
雇用を確保する。
賃金を上げる。
と言われると、
投票してしまう。

人権も自由も大事だが、
食べて行けなきゃ、しょうがないと。


それは、真実だから、
それを約束した者に支持が集まる。
「強い者」の下に集まる。
そちらの側につけば、良い事があると思って。
透明なバリアは無視して。


出来ても出来なくても、
責任は問わず、
強い指導者が、この国を守り、
威勢よく、あらゆる異物を排除して
(移民にしても、「抵抗勢力」にしても)
目的を達成するとするものに、
とりあえず、希望を託す。
根拠も合理的政策もなくても。
裏切られても、裏切られても。



ポピュリズム社会に無いものは、
無くていいもの、なのだろうか。

知の不在を許す社会が、
人間であることのセンスを奪う。
根こそぎ。

その結果、
権力に利用され、奴隷化される。


富は偏在して、
分け与えるとした者たちに独占される。

営々と働き、二分化された社会の
薄まり広がった底辺にいて支える者は、
永遠の手かせ足かせに喘ぎながら
約束した指導者が、
約束を果たす日を待っている。

自分たちの物である成果を
吸い上げられながら。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
その通りだと思います。
「政権側にいるから安心、だから共謀罪に賛成」らしいです。
でも、政権側にいる人間でも政権との近さには差があります。
自分にとって邪魔になればより遠くの人間から崖下へ突き落とされていきます。
籠池さんはあれだけ非難されてついに身ぐるみはがされました。加計さんはどうでしょうか、全力で守られています。
現官房副長官と山本大臣の力関係を見ても分かります。
もし、ネットサポーターの誰かが崖下へ突き落とされそうになったとき、救いの手を出すとしたら、政権に抗議している人たちです。
彼らは、そんな人間にも人権があることを知っていますから。そういう人たちを弾圧し続ければ、我が身に降りかかったときに助けてくれる人は誰もいなくなります。
eblo
2017/06/18 10:46
そうですね。
身代わりで出頭させたり、自らそれを買って出れば、
塀の中から帰って来れば、その社会で出世できる世界がありますが、
ほんとにチンピラヤクザにも劣る人たち。
物語や映画の話の中だけとしても、本物の任侠の心というのがあるとしたら、
正義感からして、そんな卑怯な真似はしないでしょう。
情けないこの国の中枢ですね。
在り得ないくらい無知で人間性にも劣る人たちです。
あんな人たちが選ばれて来る選挙制度もおかしいのでしょうね。

2017/06/18 13:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
知の不在、余裕の無さが現実を 現実だけ、に余儀なくされて。 胡桃工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる