胡桃工房(一行工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS どこまでも保守の岩盤なのかしら原発再稼働派容認される

<<   作成日時 : 2016/11/21 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東電の牙城、

柏崎刈羽の原発群。

出力は、国内最大級。

東京都から230q。

ちょうど福島と同じくらいの距離。



福島より西に位置しているので、

事故が起きた時には、

東京、名古屋、大阪を含む、

本州の中央部が、ほぼ覆われる。

基本的に、原子力災害の地元は全国だし、

風向きによって、日本海を間にした大陸にも影響は及ぶ。

海へ空へと拡散するのは言うまでもない。



99%急性死圏内に、柏崎市が入っているけれど、

原発立地自治体の選択とは、

こういうものなのだろうか。



雇用や商売など、そして補助金など、

立地自治体ゆえの経済依存度が高くて、

一か八か、事故は起きない方に漠然と賭けて、

もしもの時、近隣住民として急性死する覚悟はないまま、

原発に依存し続ける選択をしたのだろう。



何かあったら、お終い。

でも、たぶん無いだろうと。

福島には起きた。

でも新潟には起きないと。



万全の対策を講じているから大丈夫、

原子力規制委も認めているから大丈夫、

様々な大丈夫を重ねて。

安全神話がまだ生きてでもいるかのように。



破局的事故が起きないと想定しているから、

従って、防災計画も避難計画も存在しない。

稼働中に破局的事故が起きれば、

避難する時間もなく、急性死するから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこまでも保守の岩盤なのかしら原発再稼働派容認される 胡桃工房(一行工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる